サラリーマンが起業ネタを見つけるときの3つのポイント【動画】

2015.06.07 (日)

 

自分が起業して何をしたらいいのか?
どんなことができるのか?
どんな人を相手にしたらいいのか?

今日はサラリーマンが起業ネタを見つけるときの発想法についてシェアします。

 

まず絶対土台にしてほしいのは「自分自身の実体験」です。
基本は自分が体験したことでないと説得力がありません。
こんなのがアイディアとしてイケるかも・・・では弱いです。
自分が体験したことは他のだれも経験していません。
あなたのオンリーワンなんですね。

 

次に自分自身を体験をベースにして、
・うれしかったこと
・困ったこと、悩んだこと、苦労したこと
・あったらいいなと思ったこと

の3つの視点で考えていきます。

 

「うれしかったこと」はそのまま形にすればいいです。
あなた自身が心底うれしかったことは相手にとってもうれしいことです。

 

「困ったこと、悩んだこと、苦労したこと」こそしっかり振り返ってください。
ビジネスの根幹は相手の悩みを解決することです。
そのとき相手の抱える悩みを自分事として受け止めてあげられるか。
信頼関係づくりのベースになります。

 

「あったらいいな」はビジネスアイディアを見つけるキーワード。
今まで世の中になかったことです。
実現したら「ありそうでなかったよね」が出来上がります。
思ってはいたけど、具体化していないこと。
「あったらいいな」から新しいビジネスが生まれます。

 

自分自身の実体験を振り返って3つの視点で考えてみる。

起業ネタを見つける発想法、天職塾ワンポイントセミナー動画をご覧ください。

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: サラリーマンが起業ネタを見つけるときの3つのポイント【動画】

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP