起業ネタを考えるときに必ず通るまちがい

2014.11.06 (木)

どんなことで起業するのか?

起業ネタを決めることは起業準備の第一歩ですね。

 

起業ネタのことを専門分野と呼びます。

【専門分野はしぼって考える】

これが鉄則です。

 

専門分野とは、あなたが「○○の専門家」になることを宣言することです。

ということは他の人がやっていないことを探す必要があります。

 

多くの人がまちがってしまう例を紹介します。

アロマとか読書が好きなので、
「健康・癒し」を専門分野にしたい。

こんなふうに考える人がたくさんいます。

専門分野にするということは、
健康・癒しの専門家になると言っていることになります。

考えてみてください。

健康・癒しの専門家って他にいませんか?

世の中にた〜くさんいますよね?
それこそ権威というような人もいます。

「健康・癒し」を専門分野にするということは、
そんな人たちと同じ土俵で勝負しようと言っているのと同じになるんですね。

 

このまま仮に商品を考えたとしましょう。

エステ、アロマテラピー、化粧品、ハーブ、パワースポット・・・
いろんなものが出てきます。

いろいろあるけど、いったい何をしてくれる人なの?

???

クエスチョンマークがたくさん浮かんできます。

これでは相手の心をつかむことはできません。

 

健康ならその中でもどんなジャンルなのか、
癒しなら何をつかって癒しを与えるのか、
まずそこから考える必要があります。

さらにその中でもどんなところに特化するのか?

 

○で表現するとしたら○の内側、内側に入っていく感じです。

例えば、アロマなら
「○○産オーガニックアロマで疲労回復をサポートする専門家」
といったイメージです。

 

起業ネタ、専門分野を考えるときは絞って考える。

忘れないようにしましょう。

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業ネタを考えるときに必ず通るまちがい

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP