起業ネタはニヤニヤしながら考えるのがコツ

2017.01.25 (水)

起業ネタを考えるにはどうしたらいいか?「ニヤニヤ」しながら考える、これが答えだ。あんなことやりたい!こんなことを試してみたい!ネットで調べたり、本を読んだりしながら、ニヤニヤ、ワクワク、ドキドキする。これがいい。起業準備期間の醍醐味と言える。

 

ニヤニヤって変な感じ・・・そんなふうに思ったかもしれない。実はニヤニヤこそ重要なのだ。起業は自分で仕事を創り出していくこと。さらに言うと世の中にないものを生み出していくことだ。「こんなのあったらいいな・・・」「できたらいいな・・・」妄想しているとニヤニヤしてくるはずだ。具体的にイメージが膨らんでくるとニヤニヤは最高潮になる。自分で考えていてたのしいと思えないことは相手をたのしくすることはできない。だからニヤニヤしてほしい。

 

僕はもう一つ焚き火の事業をやっている。「焚き火が仕事!?」「そんなのお金になるの??」必ずそう言われる。でもまったく気にならない。そのことを考え始めたらいろんなアイディアを噴き出してくる。自分でニヤニヤしているのがわかるときもある。大好きだから。心からやりたいことだからだ。お客さまに価値を与える自身もある。

 

起業には答えなんてない。なぜならやってみないとわからないことばかりだから。やる前から「それってうまくいかないと思う」そんなふうに言う人がいる。他人の話にダメだしする人がいる。そんなのは無視したらいい。ダメだしの先に可能性は生まれない。

 

何の理由があってダメだと言えるのか?商品サービスを買うのはお客さん。需要だとかマーケティングだとかいろいろある。それももちろん大切ではある。でももっと大切なのはお客さんの気持ち。お客さんが買おうと思う感情をもってくれるか否かなのだ。「それって面白そう!」「こんな発想もあるんじゃない?」こんなふうに言う人と付き合おう。その方がたのしいし無限の可能性が生まれる。

 

起業とは自分の可能性を試すことだ。型にはまって可能性を閉ざしては意味がない。人生にふたをするようなものだ。「え~そんなの無理に決まってる・・・」他人にそんなふうに言われることこそやりがいを感じてほしい。チャンスがあるから。起業準備はニヤニヤしながら突き進んでいこう。

 

ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業ネタはニヤニヤしながら考えるのがコツ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP