起業ビジネスプラン作成2つの方法~お客さまの困りごとと競合リサーチ

2015.12.19 (土)

起業へ向けたビジネスプランづくり。こんな商品がいいかな?あんなサービスがいけるかも・・・いろいろとアイディアを思いめぐらせます。そうして出てきたもの。世の中にたった一つ、他にはない自分だけのもの!と思ってしまいがちです。でもそんなことは99%ありません。必ず類似した商品サービスをやっている人や過去やっていた人がいるものです。それをできるだけあらいだす作業が必要です。この作業を「競合リサーチ」といいます。

 

競合リサーチというと、何か仰々しく思いがちです。どこかの会社に頼むようなイメージですね。でも実は素人でも簡単できる方法があります。あなたが決めた専門分野、ビジネスアイディアのキーワードを検索エンジンに入れてみます。表示された中から商品やサービスを売っているホームページ一つひとつを丹念にみていきます。

 

この際重要なのが「お客さまの目線でみていくこと」です。買い手の気持ちになって「この商品っていいなあ」「このPRの仕方はわかりやすい」といった良い点を見つけていきます。

 

一方、「もう少しこうだったらいいのに」「ここは改善したほうがいいかも」「こんなことあったらいいのに」「対象や内容をもっと絞ったらいいのに」といった改善点を見つけていきます。良い点と改善点をメモで書き出していきます。この作業でお客さまの目線からみた「こういうのがあったらいいな」「これがないから困っていた」というニーズもわかってきます。

 

やりやすい方法は、業界で成功している会社や事業をやっている人のホームページをみることです。その会社の良い点をマネすることです。ただマネだけで終わるとそれは単なる模倣です。良いところをマネしながら、改善点の中からあなたができそうなことを一つ加えていきましょう。試行錯誤の中からあなたならではオリジナルをつくっていきます。

 

競合リサーチとあわせ、もう一つ重要なのが「お客さまの悩みを書き出す」ことです。悩み事や困り事を見つけるには、ヤフー知恵袋を活用しましょう。投稿されている質問一つひとつが生の悩みそのものです。

 

もう一つの方法がお客さまになってほしい人に直接聴いちゃうというやり方です。一番良い場は飲み会です。人は普段のときはホンネを言わないものです。でもお酒が入るとホンネが出てきます。身近にあなたの見込み客になりそうな人がいたら一緒に飲みに行きましょう。ベタなやり方ですが、これが人の心理をつかむ一番の方法です。

 

見込み客の悩みや困り事をあらいだすことはきわめて重要な作業です。天職塾のメンバーさんの中には、まずこの作業を最初にやることから、自分のビジネスが見えてきたという人もたくさんいます。

 

ビジネスの根っこはお客さまの悩みや困り事をしっかりつかむことです。この作業を適当にやらないようにしましょう。「自分のお客さまをしっかり理解すること」はドラッカーも言っている、まさにマーケティングの原点です。

 

「自分サイズ起業入門セミナー」ではこうした事例をお話ししています。何も決まっていない人向けの初心者セミナー、気軽な気持ちでご参加になってみてください。

 

自分サイズ起業入門セミナーお申込

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
性別
お電話番号 *
ご年代
ご参加希望日* ※たまに迷惑メールに振り分けられることがあります。受信ボックスを必ずご確認ください。携帯メールアドレスで受信拒否になり連絡がつかないケースがありますので、できるだけPCメールアドレスをご記入ください。
当日期待することをお書きください。

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 起業ビジネスプラン作成2つの方法~お客さまの困りごとと競合リサーチ

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP