起業の仲間集めで持っていたいたった一つの視点

2018.05.09 (水)

起業するには人脈が必要と言われる。人脈とは何だろう?人脈という言葉を聞いてどう感じるだろうか?ビジネス色がプンプンするのではないだろうか。重要なことは人脈より仲間をつくっていくことに意識を置くことだ。ひと口に仲間集めといってもどうやって進めていけばいいのか?疑問が湧いてくるだろう。本記事では起業へ向けての仲間集めの視点をまとめた。

 

>仲間と話すことでモチベーションが上がる。向いている方向が同じだから何でもハラを割って話せる。会社とは全く違う世界。どんどん自分を高めている感覚がある。1年前は今の会社をすぐにでも辞めたいと思っていた。でも今は違う視点で会社が見られる。仕事にも目的を持てるようになった。

 

>同僚からもしゃべり方が変わったと言われる。周囲に対する接し方も変わったように思う。その意味では起業を志すことで今の職場にも好影響が出ている。

 

これはコミュニティに参加したメンバーの生の声だ。他では話すことができなかったことがここでは話せる。会社ではあり得ないこと。それはある意味、安全安心な場だからだ。安全安心な場は同じ志がある関係で初めて生まれるもの。この場では年齢、性別、経験値など普通障壁になるものを全て取っ払った関係性をつくることができる。

 

人脈集めの目的だとどうなるだろう?人脈というとビジネスありき。自分にとってビジネスとしてメリットがあるか否かが判断のものさしになる。話していても双方がハラの探り合い。一線を超えた関係には踏み込めない。利害ありきの上っ面な人間関係にしかならない。

 

会社がイヤでイヤでしょうがなかった。なのにモノの見方を変わりプラスに転じた。同じ目標を持つ仲間をつくることで今までネガティブだったことまでポジティブに変換される。どうだろう。驚くような効果ではないだろうか。副産物というには大きすぎる成果だ。

 

起業へ向けて仲間をつくることの重要性が伝わっただろうか。起業で必要なのはビジネス色オンリーの人脈ではない。キーワードは「同じ志をもつこと」。同じ志の仲間は一生涯の財産になる。この視点を忘れることなく人とのつながりをつくっていこう。毎日が輝いたものに変わっていくから。

 
遠距離でも自宅からでも気軽にできる
オンラインモヤモヤ個別相談 ≫

モヤモヤを相談する 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 起業の仲間集めで持っていたいたった一つの視点

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP