起業は本当の仲間がいることで前に進むもの

2015.09.30 (水)

起業には仲間の存在が必須です。仲間とは単なる知り合いではありません。お互いの人となりを知り合い、相互に応援できる仲間です。「あの人が今度こんなことをやろうとしている。じゃあ何か応援できることはないか・・・」こんなふうに自然に思えること。それが本当の仲間です。

 

12月に第2回「ほしぞら商店街」を開催します。ほしぞら商店街とは、天職塾メンバーが年2回、自分の起業ネタを披露し合うイベントです。セミナーやブースで出展し、お互いのビジネスを知り合い、フィードバックし合うお祭り。いわばゼロから自分サイズで起業する学校の「文化祭」のようなものです。

 

昨夜はほしぞら商店街の出展者説明会が行われました。前半1時間は、実行委員会からイベント内容の説明とセミナー、ブースの出展場所の決定。実行委員会はこれまで合間の時間をつくって検討に検討を重ねてきました。その集大成の時間、すばらしかったです。

 

圧巻だったのは後半の1時間。「どうしたらもっとたくさんのメンバーがほしぞら商店街に参加してくれるのか?」「尻込みしている仲間がいたら、気軽に参加する方法をどうしたらいいのか?」「もし、足が遠のいている仲間がいたらどんなきっかけをつくってあげたらいいのか?」そんなディスカッションが熱く交わされました。

 

普通なら自分のことが決まったらそれで終わりのはず。他人がどうあろうが自分には関係のない話です。でも天職塾にいる人たちは違います。他人事を自分事として受け止めて考えてくれます。これって誰かに言われてできることではありません。メンバー一人ひとりがもっているあたたかい人柄や想いがあるからできること。本当に人間性に優れた人ばかりです。

 

説明会が終わった後の居酒屋懇親会でもその話は続きました。一人ひとりが起業へ向け仲間の必要性を熱く語りながら・・・ワイワイ、ガヤガヤ・・・笑顔と笑顔・・・社会人になっても学生時代のようなノリでたのしくやっていける。そんな空気感です。

 

単にたのしいだけならサークル活動です。お互いが腹を割って話ができること。
それができる安全安心な場であること。起業という共通ゴールへ向け、お互いが応援し合えること

 

天職塾が一番大切にしているものです。

 

ゼロから自分サイズで起業する学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業は本当の仲間がいることで前に進むもの

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP