起業家に質問!もう一度起業準備できるとしたら何をする?

2016.09.25 (日)

知り合いの起業家と話す機会がありました。「もう一度、起業準備ができるとしたら一番に何をしたいと思うか?」という質問をしてみました。すると「人脈と実績をつくりたい」という答えが返ってきました。実際に独立起業して数年経った人が今思い返せばという話です。説得力がありますね。

 

ここで言う人脈とは何か?ひと言で言うと「人のつながり」ということになります。シンプルにいくと、ビジネスは人とのつながりでできています。仕事は人づてで生まれていくものです。人づてを起こすには、自分が何者でどんな人間なのかをどれだけ多くの人に知ってもらうかに掛かっています。

 

サラリーマン時代は限られた世界で毎日を送っています。会社という枠の中で限られた人とのつながりしかありません。でもその時って限られているという認識はないんですね。それが当たり前の世界だからです。まずサラリーマンの今、自分の人のつながりは限られているんだと認識する必要があります。だから自分からつながりをつくっていかないと何も生まれないということに気づいてください。

 

起業家が起業準備中に人脈をつくれば良かったと後悔するのは、起業後はフラットな関係をつくりづらいという理由からです。起業後は食べていくことに必死になります。そうするとどうしても自分にとってメリットがあるか否かが先に立ちます。お互い利害の中でどうつながるかを考えてしまいます。利害ありきだと本当の信頼関係は築きにくくなります。だからサラリーマンで利害を考えずに済む間に人とのつながりを増やしておけば良かったと感じるわけです。

 

次に実績とは何か?文字通り自分のビジネスの実績です。実績は、こんなことに困っているお客さまにこんな商品サービスを提供してこんなふうによろこんでいただいたというものです。でも何もないところから実績はつくれないですよね?だから、無料でもいいのでとにかく自分のビジネスを動かしてみる。商品サービスを提供してみることです。それを繰り返すことが全て実績に変わっていきます。実際に動くことで人のつながりも増えていきます。一石二鳥ですね。肝心なことはやりっ放しにしないこと。お客さまの声は必須で集めていきます。でないと具体的な実績にはなりませんから。

 

起業して数年経って「こうすればよかった」と後悔すること。それは「人脈と実績」づくり。サラリーマンでいる今、このことをわかって動いておけるか否かが起業後の成功軌道を拓く道筋になります。実践してみてくださいね。

 
起業モヤモヤを解決!無料音声ガイドはこちら ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業家に質問!もう一度起業準備できるとしたら何をする?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP