起業準備のモチベーションを維持するための5つのコツ

2017.08.23 (水)

サラリーマンをしながら起業準備にはたくさんの壁が待ち構えている。その中でも基盤になるものは何か?それはモチベーションの維持だ。起業の話は会社ではできない。一人で黙々と進める作業になる。誰にも話すことなく一人でやっているとだんだんとモチベーションは落ちていく。人はそんなに強くない。そんなときにどうしたらいいのか?今回はモチベーションの維持方法について5つのコツを共有したい。

 

自分の感情を素直に出すこと

自分の感情と逆らってモチベーションを高くしよう、高くしようとしてもうまくいかない。たまには愚痴もあるし、弱音も言いたくなるのが人間だ。そんなときは素直に愚痴ったり、弱音を吐けばいい。大切なことは愚痴や弱音を中途半端に言わないことだ。言うときはとことん言い切る。そうすることであとは前向きに進めるようになる。

 

このとき、しっかりあなたの愚痴や弱音を吐いて受け容れてくれる相手がいるとベストだ。人は認めてもらうことで元気が出る動物。それが結果として自信につながる。「ここではどんなことを話してもいいんだ」「受け入れてくれる場所なんだ」そんな「安心安全な場」を持ってほしい。

 

スイッチとリミットをつくる

モチベーションを長時間高く持ち続けるのは難しい。であれば切り替えが要る。スイッチとは「今からやるぞ!」というもの。スイッチを入れたら全力で動く。そのかわりスイッチを切ったら十分リラックスする。メリハリをつけることだ。スイッチを入れたらとにかくやりはじめること。考える前に動き、動いてから考える。そんな感じでちょうどいい。行動することで行動前にモヤモヤしていたことは一気に解消するから不思議だ。

 

もう一つがリミット。期限を切るということだ。モチベーションを保つには一定の集中力が必要になる。エンドレスに気持ちを持ち続けることはできない。「今月30日までにここまでいく」「今から1時間12時まででやり切ろう」そんなリミットを立ててみよう。

 

自分の姿勢と言葉に意識を置く

毎日の自分の姿勢にも意識を置こう。下を向いているとだんだん背中も丸くなっていく。そのことで気持ちもだんだん萎えてくる。胸をはって前を見据えてお腹をへこます。姿勢を良くするだけで気持ちも前向きになる。「上を向いて歩こう」わかりやすい言葉だ。ぜひ励行しよう。

 

自分が発する言葉にも意識したい。「そんなの無理」「どうしたらいいか不安」「面倒くさくてやってられない」「あの人ってダメだ」「ムカつくよなあ」こんな言葉ばかり使っていたら思考や行動パターンもそうなってしまう。逆に「できるできる」「ワクワクしてくるなあ」「こだわりたいねー」「あの人のおかげだよ」「ありがとう」こんな言葉を使う習慣をつけたら物事は好転し始める。

 

仲間と定期的に会うサイクルをつくる

「孤独な作業」「毎日にながされる」「相談相手がいない」サラリーマン起業準備の三大ハードルだ。孤独じゃなく、毎日になかされることなく、相談相手を見つけるには同じ志の仲間の存在が必須になる。具体的にどんなことが起こるのか?コミュニティに参加して間もないメンバーが共有してくれたメッセージを紹介したい。
 

————————————-
2ヶ月前に初めてコミュニティに参加してから、あることのサイクルが自然にできていることに気づきました。何かの参考になればと思いシェアさせていただきます。

 

「名刺を初めてつくるきっかけ」「更新していくサイクル」がそれです。たとえばFさんと名刺のやり取りをした時のこと。Fさんからは前回は会社のお名刺をいただきました。先週のベーシック授業でお会いしたところ、「やっと名刺つくったよ~つくったから配らないとね~」とうれしそうに配っていました。私自身もこの2ヶ月間は集中的に「2週間ごとに更新してまして~」と新たなバージョンをお渡ししました。なぜかうれしくてニンマリしちゃいました。

 

自分のビジネスを創る、名乗る、自覚を高める。ベーシック授業をきっかけに初めてそれをつくり、その場ごとに更新していったら、少なくとも1か月ごとないしは2週間ごとにはサイクルがつくれました。特に考え込まないでも自然に習慣になり楽しめているのが気に入っています。前回のベーシック授業は、テーマがちょうどキャッチフレーズと肩書きづくりでした。また改良を加える時、また渡しした時に相手の方とやり取りをするのが楽しみです。
————————————–

 

毎月仲間と会うことでつくる好循環は起業準備を成功に導くとても大切な要素になる。忘れないでほしい。

 

モチベーションを高く持とうとしない

実はこれが一番大事なことかもしれない。無理矢理モチベーションを上げようとしても続きはしない。そもそもそんなことをしても意味はない。自分の気持ちに反することをしてもどこかでほころびが出てくるのは目に見えている。あくまで「自然体」でいること。これが究極。起業にとってモチベーションは大切。でもその一方で自分の気持ちに素直になることの方がさらに大切。自然体の自分とモチベーションを上げる自分。双方のバランスをとりながら毎日を送っていくことをおすすめする。→起業準備16の正しい手順

 

 

ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業準備のモチベーションを維持するための5つのコツ

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP