自らやろうとする気持ちが道を拓く〜母親に学ぶ

2016.09.21 (水)

今日はプライベートネタで恐縮です。昨日から岡山の実家に来ています。目的は母親との対面です。母は昭和7年生まれの84歳。父を亡くしてから3年間ずっと一人暮らしをしてきました。そんなある日、ベランダで洗濯物を干していたとき風にあおられて転倒。大腿骨を粉砕骨折する重傷を負ってしまいました。

 

その後、緊急入院し手術ということになりました。高齢で下半身が使えない・・・これは寝たきりになるかも?と覚悟を決めているところもありました。手術後2ヶ月は病院で機能回復に努めました。病院を退院して介護老人保健施設に移ることに。介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すためにさらなるリハビりを行う施設です。

 

ここでのリハビリに相当の頑張りを見せたようです。「おばあちゃん、がんばるねー」「すごいよねー」施設のスタッフは口々に言ったとのこと。そして今回見る姿は、歩行器は必要なものの、事故以前の状態に近いくらい自立歩行できるまでの驚異的な回復を遂げていました。そして念願の自宅復帰を果たしました。この間わずか4ヶ月。誰もが予想もしなかった状態です。

 

「日頃から転ばないよう転ばないにだけは気をつかっていた。あーやっちゃったという感じだった。病院に入って数日はもうこのまま死んだらいいのにと思ったときもあった。でもある日のこと、病院で上げ膳据え膳の毎日、家事をしていない自分の手を見てこれでいいのかと思った。すると途端にもう一度自宅に帰って料理をしたり、洗濯をしたいと思うようになった。それから何としても動けるようになりたいと気持ちが強くなった」

 

こんな話を聴かせてくれました。自分の母親でありながらその気持ちの強さに驚きました。多くの場合こうした状況になったとき、本人は歩く気力もなくし完全介護状態になっていくのだと思います。でも強靭な気持ちをもつことで人は回復することができる。そのことを身をもって示してくれました。

 

自らやろう!という気持ちになること。それが全ての原動力になる。決してあきらめない。あきらめずに努力すれば道は拓ける。老いた母の姿に多くのことを教えてもらいました。これからまた一人暮らしを再開します。こんな母に負けないようがんばっていきたいと思います。

 

起業モヤモヤを解決!無料音声ガイドはこちら ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 自らやろうとする気持ちが道を拓く〜母親に学ぶ

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP