40代起業の方法を先輩にまなぶ~天職塾卒業生「森透匡さん」成功事例

2015.09.27 (日)

天職塾には30名を超える卒業生がいます。天職塾を介して独立し、バリバリ起業家として活躍している人たちです。プレミアムチームという名前で卒業後もビジネスチームとしてつながりをもっています。

 

そんな卒業生の中でもトップランナー的な存在なのが(株)クリアウッド代表取締役の森透匡さん「元刑事 ウソの見抜き方の専門家」です。
他に2つとないとんがったブランディングと爆発的な行動力で、一躍人気講師のステージに駆け上がりました。年間200回にものぼる講演で全国を飛び回る毎日を送っています。

 

森さんが起業前モヤモヤ相談にいらっしゃったのが46歳。公務員(刑事)という安定した仕事から起業、かなりの決断でした。その後、じぶん棚卸セッションで「人前で話す」心からのわくわくを発見。現在の講演家としてのビジネスにまい進してきました。

 

つい先日も日経新聞に掲載されました。その次はプレジデント誌の取材を受けたみたい。ほんとに怒涛の活躍で目が離せない存在です。

 

「団長(三宅)、僕は天職塾の広告塔になりますよ!」

 

起業スタート当初、よく彼が言ってくれた言葉です。そのときは言葉だけでもうれしく思っていました。その後、いろんな場面で天職塾フリーエージェントアカデミーのことをPRしていただいています。目立つ存在なので、彼がひと言発したものには影響力があります。

 

「あの森さんが卒業生なんですね。すごい!」そんなふうにあちこちで言っていただいています。最近では「森さんのホームページから三宅さんのことを知りました」といった方にもお会いしました。「天職塾の広告塔」本当にそれを実現してくれました。口に出したことを次々と実現しています。

 

「まだまだオレはこんなもんじゃない」「もっともっと会社を大きくするから」
他のプレミアムメンバーや従業員さんにも常々話しているとのこと。【口に出して自分を追い込む】そんな実践者としての起業家の姿勢を具現化しています。有言実行。男気。でもその背景にある優しさ。森さんを象徴するキーワードです。

 

仲間内では「カントク」と呼ばれる親分肌。息子さんの野球チームで監督をしていたことがニックネームの由来です。こんなカントクこと森透匡さんの言動や姿にあとを追う起業家後輩たちは感化されています。

 

「いつか森さんのようになりたい」まさに天職塾のロールモデル的存在。おもしろい講演家を探しているときは、森さんに連絡をとってみてください。寝かせない話をしてくれることでしょう。これからも「ウソの見抜き方の専門家」森さんの飛躍に注目していきたいです。

 
ゼロから自分サイズで起業する学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 40代起業の方法を先輩にまなぶ~天職塾卒業生「森透匡さん」成功事例

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP