巷の起業塾にはないゴールを目指す場をつくる

2017.12.04 (月)

起業塾というとどんなイメージをもつだろうか?売上云千万円をつくる、短期間で稼げるようになる、ネットで見るとこんなフレーズが並んでいる。なかには胡散臭いことをやっているところもある。もちろんそんなところばかりではないし、まっとうに起業の仕方を教えているところもある。ここでは起業を学ぶ場としての方向付けを共有したい。

 

起業塾ではない起業の学校をつくる

「起業塾をやっていらっしゃるんですね」と言われることに抵抗がある。起業塾というと胡散臭い、高額をとって中身がないなどのイメージがある。起業は働き方の選択肢の一つだ。まっとうなこととして世の中に認知されるようにしたい。個人がやっている私塾というイメージも一掃したい。関わってくれた人がみんなハッピーになれるようなプラットフォームづくりを目指す。そんな思いを起業の学校という言葉で表したい。

★インターネットラジオを聴いてみる
↓↓↓

 

ホンネが言い合える愉快な仲間がいる場所

先日40~50代が集まる勉強会を開催した。その場に高知と大阪から駆けつけてくれたメンバーがいた。勉強会が終わった後の懇親会で話を聴いた。「みんなに会いたいから来ました」「画面越しではわからないリアルなつながりが欲しかった」そう言ってくれた。

 

勉強会と懇親会は日曜の開催。その日は東京に宿泊になる。ということは二人とも月曜は会社を休むことになる。月曜に休みをとって往復の交通費をかけてまでこの場に来てくれること。その想いは「とにかく仲間に会いたい」という一心であること。心を動かされた。感謝の言葉もなかった。

 

起業の学校では正しい起業の方法を指南する。地道に確実に起業へ向けたステップを踏んでもらえるよう最大限のサポートをする。もう一方で目指すところがある。それは「人生を愉快な仲間と心からたのしく過ごしていける場」づくりだ。

 

メンバーの誰かが悩みを抱えていたとする。すると誰彼ともなくその人の立場になって相談に乗ろうとする。自分が応援できることはないかと真剣に考える。誰かに強制されたわけでもない。自発的にそうする。一方で起業の話なんてまったくしない。他愛もない話に底抜けの笑顔でワイワイやる。

 

「最近身内に不幸があったので落ち込んでいた。急な会議もあって遅刻するし、今日は行くか行かないか迷っていた。でも来てよかった。この場に来ると元気をもらえる。気持ちが前に向いている。ここは不思議な場」定例勉強会の課外授業(懇親会)でこんな話をしてくれるメンバーがいた。

 

会社ではホンネとタテマエを考えながら仮面をかぶった自分がいる。みんな一面的な部分でしか自己表現しないしできない。この場ではみんな素の自分を出している。何度も会う中でお互いの人間性を知り合っていく。一人ひとりが自分が描く未来を語り合う。年齢、性別、仕事、これまで生きてきた背景はみんなバラバラ。でも「こんな人生をつくっていきたい」というゴールは一つ。だからシンプルに人と人がつながっていく。

 

最近とみに感じることがある。もしかしたら自分がやりたいことは「自分の人生を愉快な仲間と心からたのしく過ごしていける場」をつくることではないのかと。起業はそれを実現するための単なる入口ではないのかと。最初から思っていたことではない。7年に渡って起業の学校を育ててきたプロセスがあって見えてきた新たなビジョンだ。

 

そこにいる人が底抜けに明るい表情で屈託なく話している。子供の頃に戻ったように。誰一人疎外感のある人はいない。かといって背伸びをしたり虚勢を張ることもない。一人ひとりが自分の個性を存分に発揮する。自然体で素直な自分でいられる空気感。そんな場を横から酔っ払いながら見ている。こんなときほどシアワセを感じるときはない。これから目指す新たな世界観だ。

 

いつでも戻って来れる場所

たった2人から始まった天職塾。おかげさまで7年の間に200名近くまで仲間が増えた。起業コミュニティから真の「起業の学校」に育てていく。アカデミーという名称はここから来ている。

 

起業家は自律して一番星になる。でも一人では乗り超えられない時もある。そんなときは助け合ってチームをつくって前進する。あたり一面に広がる星空になる。困ったとき行き詰ったときはいつでも帰って来れる家。ロゴに込めた想いだ。

 
★インターネットラジオで聴く
↓↓↓

 

ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 巷の起業塾にはないゴールを目指す場をつくる

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP