起業後の名刺交換の練習方法

2015.02.06 (金)

ビジネスの場で不可欠な名刺交換。
今も会社でやっている何気ない行為です。
これが独立起業後はとても大切になります。

 

サラリーマン時代の名刺交換は言ってしまえば、会社の看板の交換です。

「○○株式会社、課長の△△です」

このフレーズの中で自分の名前が占めるウエイトは実はとっても低いんです。
今はそう思えないかもしれません。
このことは独立起業した後、実感することになります。

 

僕も日立に所属していました。
一生懸命仕事をしていました。
仕事で関わる人とはしっかりつながっていました。
でも会社の看板をはずした途端、つながりは減ってしまいました。
サラリーマンとして仕事をしているのだから仕方のないことです。
さみしさもありました。
結局、サラリーマンの名刺は会社の看板ありきなんですね。

 

独立起業すると変わります。
正直、会社の名前なんてどうでもよくなります。
「○○株式会社の△△です」
こうして会社名と一緒に自己紹介する人もいます。
このとき会社名を覚えている人が何人いるかという感じになります。
みんな社名なんて関心ないんです。
会社名ではなく個人としてどうなのかに注目します。
あなた個人がどんな人にどんなことができるのかがすべてになります。

 

名刺交換は自分という人間を知ってもらう場に変わります。
はじめて出会ったときどれだけ相手に印象の残せるかが重要。
そのための会話が必要になります。

 

自分の言いたいことだけ散々言う。
自己PRに必死になる。

これだけではだめです。
自己PRの仕方ばかり勉強しても意味がありません。
目の前には相手がいます。
まず相手ありきで話をひきだし、その後自分のことを質問してもらう。
当たり前のことのようです。
でもいきなりができないものです。
名刺交換のコミュニケーションは日頃の練習の積み重ねでできるようになります。
同じ志の仲間と練習してみることをおすすめします。

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 起業後の名刺交換の練習方法

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP