起業してやってはいけない名刺の失敗例

2016.06.23 (木)

名刺ときいてどんなイメージをもちますか?サラリーマンをやっているうちの名刺は、会社名→肩書き→自分の名前という順番です。ズバッと言うと、取引上で自分の名前なんてどうでもいいもの。要はどんな会社でどんな立場にいる人なのかがすべてです。

 

起業したら名刺の役割は一変します。まず順番が変わります。自分の名前→肩書き→会社名。会社名なんてどうでもよくて、要はあなたがどんな人でどんなことができるのかの一点勝負になります。なので名刺を手抜きしてはいけません。気合いを入れて作ってください。

 

そんな大切な名刺なのに、「えっ?こんな名刺渡してどうするの?」みたいな名刺を配る人がいたりします。今日はそんな名刺のやってはいけない失敗例をいくつかご紹介しますね。

 

「紙質が薄くてちゃちいもの」。コピー用紙を少しだけ厚くしたような紙質。印刷面もざらざら。放っておくとすぐ丸みを帯びてしまうようなピラピラの紙。これでビジネスやっていますなんてとんでもありません。趣味ですか?という感じです。まったくいただけません。

 

「自宅のインクジェットプリンタで印刷してきました!というのがモロわかりのもの」。素人ですが今日のためににわか仕込みで刷ってきましたと言わんばかり。これも論外です。

 

「住所の表記のないもの」。これも常識を疑います。自分は住所不定でビジネスやっていますと宣言しているようなもの。そんなことできますか?住所不定の人に仕事を頼もうと思いませんよね。

 

「メールアドレスをGメールやjcomといった類のもので表記しているもの」。ビジネスをやっているのなら独自ドメインは常識です。独自ドメインは自分の店舗みたいなものです。フリーアドレスを書くのは店舗レスでやっていますということに等しいです。

 

ちなみに、ここに紹介したものは基本中の基本、ビジネスとしての常識です。驚くかもしれませんが、異業種交流会の場などでこんな名刺を平気で配っている人が結構います。まずビジネスの基本を学び直さないといけない感じです。ビジネス、人との信頼関係をどう考えるのか、その人の姿勢が名刺ひとつでわかったりします。逆に言うとそう見られてしまうので大切なんですね。

 

「何なの?この人・・・やる気あるの?」と相手に思われないように、あなたも起業したら名刺は気合いを入れて作りましょう。決してお金を掛けろと言っているのではありません。最低限必要な要素を入れてちゃんと原稿を作ること。自分でできないなら専門家に頼むこと。印刷はプリントパックやラクスルを使えば低価格で印刷できます。「たかが名刺されど名刺」「名前を刺すもの」名刺はあなた自身です。

 

起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業してやってはいけない名刺の失敗例

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP