開業費用ゼロ円が起業準備を惑わせる2つの誤解

2015.04.04 (土)

ネットで検索すると「0年で開業するには」「開業費用ゼロ円パック」
「初期費用を抑える最強の開業プラン」「会社設立ゼロ円」
などとうたっている広告を目にすることがあります。
こうした広告、これから起業しようとする人に2つの誤解を与えてしまいます。

 

一つ目は、本当にゼロ円でできる方法があるんだと思ってしまうこと。
世の中にそんなおいしい話があるわけがありません。
初期費用がゼロだけど月額で払っていかないといけない、
ここで掛かる費用はゼロだけど他でちゃんと元をとるようになっているなど
いろいろとからくりがあります。
商品を買ってもらうためのキャッチコピーですね。

 

二つ目が重要です。
独立開業にはお金が掛かるものと思ってしまうこと。
お金がないと起業できないと先入観を与えてしまいます。

 

税理士経理代行、備品OA機器、資金調達、法人設立、レンタル事務所・・・
開業パックの内訳はこんなふうなものです。

ちなみにここに挙がっているもののうちで開業したときに必須のものはありません。
税理士は最初から雇わなくていい。
OA機器はネットにつながるPCがあればOK。
資金調達も最初からしなくても大丈夫。
法人はタイミングが来たら設立すればいい。
事務所は最初は自宅でOK、自宅住所を名刺に出すのに抵抗があれば、
住所レンタルというサービスだってあります。

 

起業したときにお金が掛かると思い込む、
自己資金で足らないものは借金する、
いざ事業をスタートする、
思った以上に固定費が掛かる、
生活費は今まで通り必要になる、
お客さまはなかなか集まらない、
だんだん焦りが出てくる、
貯金を取り崩しはじめるとどんどん残高が減っていく、
にっちもさっちもいかなくなる、
廃業に追い込まれる・・・

こんな悪循環が起こってしまうわけです。

 

たくさんある情報や広告に惑わされてはいけません。
起業のスタートアップはできるだけお金をかけずに小さくはじめることが鉄則。
お客さまが集まりはじめたら次のステップへ。
ファイスとステージは見た目なんてどうでもいいこと。
まずは事業をまわすことに意識を置いていきましょう。

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 開業費用ゼロ円が起業準備を惑わせる2つの誤解

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP