起業準備でセミナー講師の練習をしよう

2016.05.01 (日)

独立起業すると営業していかないといけません。営業にはどんなイメージがありますか?飛び込み営業やピンポン営業みたいな言葉が浮かんでくるのでは?「営業ってガンガンやらないといけないないんだよね」「営業なんて経験ないからできそうにない・・・」ハードル高いですよね。

 

じゃあ、営業未経験者はどうやって始めたらいいんでしょうか?営業の強力な武器になるのが「セミナー」です。あなたがセミナー講師になって自分の商品サービスを紹介していく方法です。なぜセミナーなのか?理由を書きますね。

 

例えば異業種交流会に自分が行った場面を想像してみてください。最近は名刺交換だけの交流会は価値がないのでグループの中で自分のPRをするようなものが増えてきました。「こんな商品サービスを提供しています。興味のある人がいらっしゃったら紹介してください」1分とか2分でこんな感じのPRをするんですね。

 

このとき聴き手はどんな気持ちになると思いますか?「紹介してくれと言われても、たった1分で商品がわかるはずがない。そもそもどんな人かもわからないし・・・」と思います。個別で次回アポをとってつなぐ方法が一般的です。でも個別で会うと売り込みされそうだし、さほど興味もないときは時間のロスにもなります。

 

ここで「定期的にセミナーをやっていますので良かったら気軽にご参加ください」と言えたらどうでしょう?何だかハードルが下がると思いませんか?「個別で会うとなるとなると敷居が高いけど、セミナーだったら気軽に一度行ってもいいかな?」そんな気持ちにさせてくれます。

 

セミナーに来てもらえたら一度に複数の人へ自分のことを知ってもらえます。個別だと一人だけです。同じ時間でたくさんの人に伝えられた方が効率いいに決まっていますね。また参加者は最初から聴く体制で来てくれています。自己紹介から商品詳細までしっかり聴いてくれるわけです。個別だったら遠慮しながら全体の何割かを話すことで終わってしまいます。

 

さらにセミナーを開催するとあなたは講師です。講師とは先生ですね。ということは聴き手は生徒のようになります。個別で話すと売り手対買い手。セミナーだと先生対生徒。どれだけ話しやすくなるかは想像できると思います。

 

加えて別の視点もあります。ビジネスはまず相手に与えることから始まります。人は相手から何かをしてもらったらお返しをしないといけないという心理が働きます。まず相手がよろこぶことをしてあげるとき、セミナーをやっていると相手にとって入りやすく好都合なわけです。

 

どんな商品サービスでも相手に知ってもらわないと始まりません。セミナーは絶好の営業活動ツールです。起業準備中からセミナー提供ができるように仕込んでいきましょう。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 起業準備でセミナー講師の練習をしよう

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP