起業してセミナーをやるならセミナー講師から学ぼう

2015.08.25 (火)

自分を商品にして売るビジネスではセミナー開催が有効な集客手段です。
「じゃあセミナーってどうやったらいいの?」
そんな疑問が湧いてきます。
セミナー開催にはいくつかの手順があります。
今日は手順ではなく、自分がセミナー受講者だったらどう思うか?の視点で書いてみますね。

 

僕は仕事柄セミナー講師をやる場面が多い方です。
つい先日、久しぶりにそこそこの金額のセミナーに参加してきました。
もちろん自分として学びたいのが一番です。
でももう一つが「セミナー受講者の視点」でした。

 

結果はかなり散々でした。
セミナー受講者目線で気になったことは・・・

 

✔受講料を振り込んでもお礼のメールがない
✔会場はカーテンで外が見えなく暗い
✔BGMがないので重い空気
✔ホワイドボードのペンが出ない
✔書いた文字がチャラ字(きれいでなくてもていねいに書くべき)
✔講師が自分の顔を見ない
✔参加費に見合った配布資料がない(というかゼロ)
✔講師が自分一人ペットボトルで水を飲んでいる(受講者にはなし)
✔領収書の会社名欄が手書き。しかもハンコがない
✔最後は売り込みだけで質問時間がない
✔3時間の案内なのに2時間15分でセミナーが終了

 

今回はレベルの低い内容でした。
でもこれがすべて反面教師なんですね。
この逆を意識すればいいわけです。

 

いつも自分が講師としてやっていることが受講者からどう感じるのか?
勉強になったところも発見できました。
反省すべき点も見つかりました。
今後にすぐに生かしていきます。

 

起業家なら単に学びだけでセミナー参加していたらもったいないです。
【自分がセミナー講師になろうと思ったら他セミナーを受講者目線で観察する】
ぜひ心がけてみましょう。

 

ゼロから自分サイズで起業する学校とは? ≫

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業してセミナーをやるならセミナー講師から学ぼう

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP