起業に必要なものは行動

2016.03.25 (金)

起業は、人が考えつかないようなことを思いつくのが大切と言います。たしかにそうです。ただ思いつくだけではだめです。それを実行に移してこそ初めて価値が出ます。世の中には考えついても実行しない人が山ほどいます。この差はすべて「行動」です。

 

アイディアも同じです。こんなのあったらいいな・・・はみんな思いつきます。でもそこから実際に行動に移せる人はごくごく一握りです。「そのビジネスなら自分も考えていたのに・・・」世の中に出たものを見てこんなことを言う人がいます。これって意味がありません。思っただけで行動していないからです。アイディアだけなら誰でも出せます。重要なことはそれを実行に移せるか否かです。

 

先日、自分サイズ起業スクール卒業生の集まりがありました。スクールで一通りの知識を習得し、自分のビジネスモデルを考え、さあ今から実践!というところまで来た人たちです。でもその後に置かれた個々人の状況で一進一退になったりします。その中で進捗しているのはいち早く「行動」している人でした。行動することでスクール時代に考えたものとは変化も起きています。これでいいんです。実際に動き、お客さまと接すると商品サービスは変化していくからです。

 

行動することでその結果が出ます。出た結果をもとに次にまた修正をかけます。この繰り返しです。これを試行錯誤と言います。起業に成功するためにはこの試行錯誤をたくさんする必要があります。それも起業前のサラリーマンのうちにやるのがベストです。

 

木の年輪は、木部と樹皮の境で細胞分裂が起こりつくられていきます。 色の薄いところは春から夏にかけて作られ、色の濃いところは夏から秋にかけて作られ、冬は成長が止まります。木は環境の変化に身を置きながら、外へ外へ新しい繊維細胞や年輪をつくりながら成長をしていきます。新しい年輪は外側に外側にできていきます。

 

人は年輪みたいなものです。苦労や失敗することでその経験が強い人をつくります。起業を通じて人は成長することができます。これは周囲の起業家を見ていて感じることと同時に、僕自身体験してきたことです。起業は人生そのものかもしれません。まさに毎日が勉強です。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業に必要なものは行動

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP