起業準備で「行動を起こす」という意味

2015.12.27 (日)

起業準備中はいろんなことを考えます。考え過ぎれば過ぎるほど、行動は止まってしまいます。止まってしまった人に「まずは動いてみようよ!」そう伝えます。でもなかなか動けません。理屈でわかっていても第一歩が踏み出せないんですね。

 

起業準備で一度止まってしまいながらも、あることをきっかけに動き出した人の事例をご紹介します。メンバーのTさん。6ヶ月間の自分サイズ起業スクールを修了しました。これで起業へ向けてスタートしようと決めました。ところがスクールが終わった後、仕事にいろんな変化が起こります。忙しい毎日にも追われます。なかなか時間がつくれなくなりました。

 

そんな中でも月例の授業に顔を出します。その場で一緒にチームを組んだメンバーにも「どうしたら行動できるのか?」相談を持ちかけます。みんな彼のために熱い応援をします。「やらなきゃ!」そう思いながらもなかなか行動の第一歩が踏み出せません。気がつくと、そんな毎日が半年以上続いてしまいました。

 

ずっとずっと思い悩んだあげく、スクールで学んだ情報発信をはじめてみようと決意します。専門家コラムの執筆です。最初はたったひとつの文章を起こすのに時間が掛かりました。ネタを探すのにも苦労しました。そんな試行錯誤をしながらも、天職塾のフェイスブックコミュニティに「コラムを書きました。良かったら読んでみてください」と欠かさずアップし始めました。どんなに遅い時間になっても毎日です。そして今、彼のひたむきさと内容の面白さにメンバーから応援コメントが絶えない状況です。

 

———————————
「行動、行動と言われても、いったい何からはじめたいいかわかりませんでした。このままでは良くない!そう思って今すぐできること、コラムを書くことにチャレンジすることにしました。最初はなかなか大変でした。でも毎日書いていると自分の頭の整理ができるようになりました。ネタを考えるためにいつもアンテナを立てるようになりました。そして書いたコラムにみなさんから応援をいただけるようになりました。そのことが日々のモチベーションになっています。これが「行動」なんだとやってみてわかりました。
———————————

 

Tさんのコメントです。起業準備中は自分が置かれたステージごとで思い悩むことばかり。でも頭の中でいろいろ考えていても事は進みません。Tさんのように「今できることをすぐにやってみる」こと。これが突破口になります。そして行動しつづけることがやがて大きな財産になって跳ね返ってきます。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業準備で「行動を起こす」という意味

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP