起業に必要なのはノウハウではなく心を動かせること

2017.07.06 (木)

あなたに伝えたいことがある。これから起業しようというときどんな心の持ちようでいたらいいか?ビジネスが成功するためにはノウハウやメソッドと呼ばれるものがある。専門的な知識やスキルも必要になってくる。だからそういうものをマスターしていかないといけない。そう思っているのではないだろうか?実はそれよりも必要なものがある。それは相手の心を動かせるものだ。

 

フロントエンドでセミナーをやって、そこからコンサルティングのバックエンドを販売する。セミナーで話すネタで教材やマニュアルを作って販売する。ビジネスを成立させる型があるのは事実だ。オリジナルを入れる前に正しい型を励行できない人にビジネスをまわすことはできない。

 

ただそれだけでうまくいくと思ってはいけない。ビジネスは相手ありき。相手は生身の人間だ。生身の人間は感情をもって生きている。いくらすばらしい商品サービス、いくらノウハウを身に着けたとしても、それだけで未来永劫やり続けることなんてできない。

 

同じような商品サービスが世の中にあふれる中、どうやってあなたの商品を選んでもらうのか?そのものさしはあなたの商品ではなくあなた自身だ。「この商品にはこんな背景があるんだ」「この人はこんな思いで仕事をしているんだ」それを感じてもらわない限り他のものと一緒になる。これが心を動かせるという意味だ。

 

お客さまはもちろんのこと周囲の人に対しても同じことが言える。仕事は自分一人でまわしていくことはできない。周りにいる人はどれだけ自分のことを応援してくれるかにかかっている。応援したいと思う原動力とは何だろうか?「この人はこんな思いで毎日やっているんだ」「こんな人にこうしたいと心底思っているんだ」周囲の人の心を動せるものが必要になる。

 

ビジネスは相手ありき。相手がどうかの視点でみてきた。一方で自分としてどうかも想像してみてほしい。仮にノウハウでお金が入ってくる状態になったとする。そのことで本当に満足できるだろうか?しあわせになっていると思うだろうか?表面なことだけしていると「いったい何のためにこの仕事をしているんだろう?」「そもそもなぜ起業したんだろう?」そんな疑問にかられるときが必ずやってくる。その時これからもやろう!と思えるだろうか?

 

ビジネスはずっとやり続けられてなんぼの世界だ。お客さまに支持してもらえる。よろこんでもらえる。ありがとうと言ってもらえる。そのことにやりがいを感じる。来ていただいたお客さまとずっと付き合っていたいと思える。毎朝、次は何をしようかとワクワクした気持ちで目が覚める。それがあってはじめて継続になる。

 

起業を志すなら考えてみてほしい。自分と家族のしあわせとは何か?それを実現できる仕事とはどんな仕事なのか?ノウハウやハウツーはそれが決まった後に学ぶべきこと。起業には心の持ちようが重要になる。相手と自分の心。忘れることなく取り組むことをおすすめしたい。

 

50代の経験を対価に変えるセミナー ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業に必要なのはノウハウではなく心を動かせること

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP