サラリーマンをしながら起業準備したらどのくらいの期間がかかるの?

2015.06.15 (月)

「サラリーマンをしながら起業準備、どのくらいの期間がかかるの?」

どのくらい起業準備したらスタートできるのか?
気になるところですね。
起業前モヤモヤ相談カフェでもほぼ出る質問です。

 

結論から言うと、理想的な期間は1年間です。
前半6ヶ月で自分のビジネスモデルをかため、集客できるホームページの設計をする。
後半6ヶ月で情報発信をスタート継続し、自分がつくった商品を実際試してみる。
こんなイメージです。

 

1年は本気で取り組んだ場合です。
会社を卒業するタイミングは置かれた状況によって違います。
前半の6ヶ月は変わりませんが、後半の期間は人により変わってきます。
ただ後半が2年も3年もというのはありません。
そうなると起業スタートはできないものと思ってください。
あなたが本当に起業したいのなら多く見積もっても最長2年だと思います。

 

前半6ヶ月は「正しい手順」で起業準備をした場合です。
「正しい手順」でやらなかった場合は準備期間はもっと延びます。
遠回りもしますし、起業準備の必要なことも抜けてしまいます。

 

・同じ志の仲間をつくる
・徹底して自分を知る
・専門分野を決める
・ビジネスプランを練り込む
・情報発信のノウハウをマスターする

 

以上5つのステップを順番を間違うことなくきちんと進めていきます。
これがサラリーマン起業準備の「正しい手順」です。

 

後半6ヶ月で情報発信と実際に商品を試していきます。
情報発信の柱はネットです。
ネットで自分のことを発信し、一人でも多くの人に見つけてもらう必要があります。
見つけてもらえなかったらビジネスは成立しません。
ネットで自分を見つけてもらうにはきちんと継続して情報を蓄積しないといけません。
最低でも半年、本当は1年かかります。

 

商品を試す目的は机の上でつくった商品が本当に受け入れてもらえるかのつかむためです。
同時に実績をつくるためです。
自分がつくったビジネスモデルがイケるのか否かはやってみないとわかりません。
やってみると見えるものがたくさんあります。
情報発信と商品を試すことをせずに起業スタートすると大きなカベにあたってしまいます。
だからサラリーマンのうちにこのステップを終わらせるわけです。

 

僕は当時追い込まれた状況もあってかなり「見切り発車」で独立しました。
何も方向が決まっていませんでした。
起業初年度は好奇心のおもむくまま、いろんなことに手を出しました。
その結果、貯金が底を尽きました。
明日からの生活をどうしたらいいか・・そんな窮地にまで追い込まれました。
でもその経験があったおかけで、サラリーマン時代に何を起業準備としないのかいけないのかが根っこからわかりました。

 

6ヶ月の「正しい手順」と6ヶ月の「情報発信」&「商品テスト」
このプログラムは失敗、どん底体験の中からサラリーマンのうちに実践する起業準備として
必須のものを体系化しました。

本気で起業スタートしたいのなら「正しい手順」をマスターしてください。

 
ゼロから自分サイズで起業する学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: サラリーマンをしながら起業準備したらどのくらいの期間がかかるの?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP