起業ネタを決めるときに陥りがちな落とし穴

2017.01.22 (日)

起業しようと思う!じゃあ何をしようか?これを起業ネタという。起業ネタを決めるとき、陥ってしまいがちな落とし穴がある。「この起業ネタなら儲かりそう」「この起業ネタならニーズがありそう」「ここなら市場がありそう」こんな発想で考えてしまうことだ。

 

もちろん、需要がありそう、儲かりそうは大事なこと。でもそう思う根拠は何か?それは単に自分がそう感じているからに過ぎない。ちょっとネットで調べてみてイケそうと思ったから。そもそも需要があるのかないのかなんて誰もわかる話ではない。売れるか売れないか、それは売ってみないとわからない。買ってくれるか買ってくれないか、それはお客さんが決めることだから。自分が決めることでも周囲の人が決めることでもない。

 

市場調査という言葉がある。統計データをひっかきまして対象は何百万世帯がいるから需要がある・・・なんてやるやつだ。こういう発想は大手企業に勤めてきたサラリーマンが考えがちな発想。僕もそんな一人だったのでよくわかる。でももしスモールビジネスをやりたいのなら、一定数のお客さまがいればビジネスは成立する。大切なことは「あなただけのニッチな土俵で」一定数のお客さまをつかむことにある。

 

自分が考えることに自信がないから周囲に聞きたくなる。「それイケるんじゃない?」と言われるとその気になる。逆に「そんなの無理じゃない?」と言われるとやっぱりだめなんだと思う。ここで発想転換をしてほしい。「そんなの無理じゃない?」というものにこそ目を向けてみる。みんなが良いと思うものは誰もが思いつくものでしかない。自分オリジナルビジネスは多くの人が「そんなところでお金になるの?」と思うところに一歩踏み込むから生まれる。

 

ビジネスが出来上がったとき周囲の人はきっとこういうだろう。「そういうの、あったらいいなと思ってたんだよね」「自分もそういうビジネスになると思ってたんだよね」そういう人は口だけ。実際は何もやっていない。いくら思いつきがあっても実践してなければまったく意味をなさない。起業家として成功したいのなら、思いつきで終わらせることなく実践していくことだ。

 

起業ネタを決めるとき一番重要な視点は何か?それをずっと仕事としてやり続けていけるか否かということだ。もし思いつきでやり始めたらどうなるか想像してみてほしい。最初はこれイケる!と思ってスタートする。でもしばらくしてちょっとした壁にあたった。やっぱり違うかもしれない。じゃあ一からアイディアからやり直そう・・・こんなながれを繰り返すことになる。起業準備は一向に進まない。

 

継続のために必要なことには2つある。「なぜその仕事がしたいのか?」の答えづくりを明確にすること。これを「自分軸」と呼ぶ。自分軸は自分自身の人生や実体験から導き出されるもの。人生を振り返るプロセスなくして本当の起業ネタを見つけることはできない。もう一つが「わくわく」。そのことなら四六時中、寝ても覚めて考えていられる。居てもたってもいられなくなるようなこと。自分軸とわくわくが何かをしっかりと掘り下げてみてほしい。

 

本当の起業ネタを見つけるセミナーはこちら ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業ネタを決めるときに陥りがちな落とし穴

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP