起業家脳とサラリーマン脳を行ったり来たり・・・

2017.02.09 (木)

起業を志すのなら「起業家脳」を自分の中に少しずつ入れていく必要がある。起業家脳とは起業家的心構え、思考法、行動パターンといったものを言う。サラリーマン的思考のままで起業は上手くいかない。サラリーマン的思考をサラリーマン脳という。サラリーマン脳と起業家脳の違いとは?そのあたりがわかる出来事があったので紹介する。

 

弊アカデミーでは毎月1回定例でベーシック授業と呼ぶ場をつくっている。サラリーマンをしながら起業準備をしていると日々の仕事に振り回されモチベーションが落ちていく。そうならないために最低月1回定期的に同じ志の仲間と会って刺激し合うことを目的の一つにしている。そのベーシック授業後の懇親会の帰り道でのこと。二人のメンバーと歩きながら話していた。

 

「団長(三宅のこと)、ベーシック授業に来ると元気が出ます。仕事が忙しいと”今日は行かなくてもいいか・・・”と思うこともあります。でもやっぱり行こう!と決めて行ってみる。するとああーやっぱり来て良かった~という気持ちになります」

 

ぎりぎりまで仕事していたり、仕事が片付いてなくて明日に引っ張りそうなときは、授業に行くのが億劫になる。人の心理だと思う。ここで自分として会社仕事を断ち切れるかどうか。些細なことのようだがこの踏み出しが大切。起業家マインドはこうしたことの積み重ねで育っていくものだ。

 

「授業が始まって15分くらいは大変です。頭の中がそれまで会社にいてサラリーマンモードになっているから。だんだんと起業家思考に変えていかないといけない時間です。いきなりは変えられないんですよね。そして終わる頃には完全にたのしいワクワクモードになっています。このまま起業家脳のままで会社に行きたいのですが、それをやるとかなりギャップにあえいでしまいます。サラリーマン思考と起業家マインドの行ったり来たり。早くやめないといけないですよね?それを決めるのは自分次第か・・・」

 

こんなふうに付け加えてくれた。最後は自問自答状態に。ちなみに一緒にいたもう一人のメンバーも同じようなことを言っていた。二人ともまさにサラリーマンから起業家になるハザマにいる心境。とても貴重な話だった。

 

起業を目指すためには会社の環境にいたら何も変わらない。起業家思考の人と意識的に接する機会をつくっていくことだ。人は今の状況に流される生き物。今を変えたければ自ら環境を変えていく。流されそうになったら自分はそもそもどうなりたかったのか初心に戻る。この繰り返しが自分を変えていくことにつながる。諦めないで前に進んでほしい。

 
サラリーマン脳を変換していく場 ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業家脳とサラリーマン脳を行ったり来たり・・・

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP