起業家マインドをつくる習慣~「そんなものだから・・・」と言っていないか?

2017.04.02 (日)

先日とある商工会に出張したときのことだ。担当者と車の中で話していた。「僕は転職組なんです。もともと民間企業に勤めてました。Uターンで地元に戻ってきたんですね。今の職場に来た頃のことです。”民間企業の経験で新しい風を吹き込んでほしい”周囲にそんなふうに言われました。よしやろう!と意気込んでました。でも実際やろうとしたらダメ出しを受けたんですね。組織ってやっぱりそんなものなんですよね・・・」こんな内容だった。

 

口では現状を変えてほしいと言う。でも実際今までと違うものが入ってくると受け入れられない。よくある話だ。組織はこうなると硬直化する。新しいことはできなくなる。今回の例は民間と公的機関との風土の違いなので根深い話ではある。

 

会社でも同じような経験はないだろうか?一生懸命考え、良かれと思って発言したことが煙に巻かれる。夜同僚と飲みながらその時のことを話す。「現状を変えていこうと必死で進言したのに、まあまあとかわされた・・・」「会社ってそんなものだから仕方ないよ・・・」同僚は答える。

 

多くの人は変化を拒みがち。現状のままの方がラクだからだ。でも本当にそれでいいのか?「そんなものだからそれなりにやればいいや・・・」になってしまわないか。これからのモチベーションはどこに行くのか?しょうがないけど毎日やるか・・・これではその先やっていく意味がなくなる。

 

「そんなものだから・・・」これを言ってしまうと思考ストップだ。あきらめモードに入りました、もうそれなりでいいです、そんな姿勢になり下がってしまう。「どうせ何も言っても現状は変わらないから」行動に移す前にそう考えるようになる。一度このモードに入るとすべてのことを「そんなものだから・・・」で考えてしまう悪循環になる。

 

「そんなものだから・・・」常日頃の生活の中で口にしていないか。言ってしまうとやる気を失う。たのしくなくなる。「そんなものだから・・・」こう言っている自分がいたら一度問い返してみてほしい。「ほんとにそんなものなの?」「それでいいの?」と。この問いかけが毎日を変える小さな一歩になる。

 

思考パターンを変える起業の学校とは? ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業家マインドをつくる習慣~「そんなものだから・・・」と言っていないか?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP