起業準備中に失敗経験をたくさんすることの重要性

2017.06.25 (日)

起業して失敗したらどうしよう・・・不安に思うんだろう?失敗、失敗ってなんだろう?お金がなくなって、借金も返せなくなって、行き場を失うこと。倒産して自己破産すること。一家離散の状態になってしまうこと。こんなイメージだろうか?たしかに避けたい事態だ。

 

先日中堅メンバーが今日にいたる起業準備のプロセスをプレゼンする機会があった。その中で「できるだけたくさんの失敗を早くしたい」とメッセージしてくれた。とても深い言葉だ。そうあってほしい。今回はその意味について共有したい。

 

三宅は見切り発車で起業離陸した。当時かなり窮地に追い込まれていたのが理由だ。何をするかも明確になっていないのにスタートしてしまった。知り合いからもらった仕事が少しあるので、それに何か追加していけば何とかなると安易に考えていた。

 

ふたをあけたら大変な事態が待っていた。他人からもらえる仕事なんてあてにはなるはずがない。あるときはあるがないときは全くのゼロ。ないからと言って文句なんて言えない。自分で仕事をつくって売上をとっていかないと食べていけない。思い返せば当たり前のこと。その頃はわかっていなかった。

 

さて何をやろうか・・・そんなことを日々思っていてもぜんぜん形にならない。そうこうしているうちに貯金はどんどん減っていく。毎日通常残高を見ては「あと何日もつのだろう・・・」不安が募るばかり。精神的にも余裕がなくなっていった。

 

明日どうやって食べていくかだけを考える毎日。焦りの連続。そうすると悪循環が始まる。ビジネスを考えるなんてどこかに吹っ飛んでしまった。そんなこんなで初年度はどん底を経験することになった。起業するには起業前にちゃんと準備をしないといけない。多くの代償で腹落ちさせられた。

 

この苦い経験を生かし、起業前に準備をしっかりやるための手順をつくった。それがハイブリッドキャリアプログラムだ。自身が起業後初年度で右往左往した経験の裏返しから始まった、実践すれば僕が味わった初年度の苦労をしなくて済む。そんなところからスタートした。

 

自分で仕事をつくっていくためには「正しい手順」がある。正しい手順にもとづいてビジネスの土台をかためていくことで近道を進むことができる。いったん創り込んだらそれが本当にお客さまに受け入れてもらえるのかを試していかないといけない。

 

試し始めると自分が考えていたものと違う結果が出る。お客さまにアプローチしていくと受け入れてもらえないものも出てくる。まさに試行錯誤の連続だ。一見失敗に見えるかもしれない。でも全ての試行錯誤が成果に生かされる。だから本当の意味で失敗とは言わない。

 

起業前の失敗をどれだけたくさんできるか。たくさんの失敗経験をすることで、食べていけるビジネスに育てていくことができる。起業離陸した後の失敗はダメージが大きい。サラリーマンでいるうちに正しい手順でビジネスをつくり、たくさんの失敗経験を重ねていってほしい。

 

起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業準備中に失敗経験をたくさんすることの重要性

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP