50代起業に必要な熱量が上がる話

2017.07.01 (土)

今回「4455ex」というコミュニティを立ち上げた。4455exとは50代に差し掛かった人たちがこれまでの仕事経験から誰かに役立つコンテンツを発見してカタチにしようという企画だ。44歳から55歳の間にいるメンバーが月1回集まる場になっている。

 

毎回順番に一人ひとりが今までの経験を話す。聴き手にまわったメンバーは発表者のネタ探しをする。「こんな人にあんなことで役立つことができるのではないか・・・」思い思いにフィードバックする。後日それをもとに講座をつくる。出来上がったところで再度みんなの前で披露する。いよいよデビュー!こんなながれで構成されている。

 

今回は53歳のメンバーが自分の半生を語ってくれた。旅行業界、介護業界とさまざまフィールドを渡り歩いてきた人だ。特に印象に残ったことがある。話しているときの姿がとにかくイキイキしている。どんどんしゃべる。いつまでも話が尽きる様子がない。たのしそうに話すからこちらまでたのしい気分になる。聴いているだけで話す内容がリアルに情景描写できる。まさに「水を得た魚状態」そんな感じだ。

 

「長く仕事に携わってきた中には、必ず自分にとって忘れられない出来事があるんだ」彼の話す姿をみてつくづく感じた。今までの仕事経験を振り返ってみよう。このメンバーのように熱くなる話はないだろうか?思わずスイッチが入ってしまうことはないだろうか?ここが一番重要だ。その時の経験こそ価値をつくるタネだ。決してないがしろにしてはいけない。

 

50代というとサラリーマンとしての仕事が20年、30年レベルになる。20年、30年の経験は相当なものだ。でも残念なことにその価値に自分では気づけない。毎日やってきたことなので改めて考え直すこともない。ここに宝が隠されている。

 

そんなときは第三者に話を聴いてもらおう。前向きに考えてくれる相手であることが大事だ。「今の話ってすごいですよね!」話を聴いてくれた人からきっとそんな声が掛かるだろう。きっと自分では思いもよらないことになるだろう。そこが自分で仕事をつくる第一歩。自分の中だけで留めていてはいけない。自分の経験を話すこと。ぜひやってみてほしい。

 

50代の経験を対価に変えるセミナー ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 50代起業に必要な熱量が上がる話

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP