起業するために知っておきたい「2種類の人間」

2017.05.17 (水)

2種類の人間がいる。やりたいことやっちゃう人とやらない人。やりたいことやってきたこの人生。おかげで痛い目にもあってきた。散々恥もかいてきた。誰かの言うことを素直に聞いてりゃ、今よりずっと楽だったかもしれない。でもね、これだけは言える。やりたいことやっちゃう人生の方が間違いなくおもしろい。俺はこれからもやっちゃうよ。あんたはどうする?

 

「やっちゃえ日産」でお馴染みの矢沢永吉さんの言葉だ。これを見てどう感じるだろうか?起業家ならぐっと来るフレーズのはずだ。これから起業したい人には心構えと学びが凝縮されたフレーズ。今回はその根っこの部分を共有したい。

 

「やりたいのはヤマヤマですが、いろいろあるからできなくて・・・」「以前からやろうと思ってきたけど、きっかけがなくてそのままになってきた・・・」こんな話をよく耳にする。いろいろある。それっていったんなんなのか?よくよく考えてみると大したことではなかったりする。きっかけって何だろう?きっかけなんて自分でつくるもの。つくろうとして来なかっただけではないか?

 

いつかやりたいと思っていると月日だけは過ぎ去っていく。気がついたら思い始めて何年も経っていた、そしていつの間にかお蔵入り。こんなことってざらではないだろうか?「いつか」はいつまで経っても「いつか」のまま。「いつか」と口に出している自分がいたら要注意だと思った方がいい。

 

人生には限りがある。いつ何時、明日がなくなるかは誰にもわからない。決して刹那的なことを言っているのではない。そのくらいの気持ちでいたいというだけのことだ。サラリーマンをやっていた頃はこんな感覚にはなれなかった。本で読んでもわかったようでどこか他人事だった。先人に話を聴いても「そうかもなあ・・・」と感じる程度だった。

 

起業という道を選んでからは変わった。なぜなら自分でやったことが全部自分に跳ね返ってくるからだ。予期せぬ困難は日々発生する。でも自分がやることに文句を言う人は誰一人いない。自分がやりたいようにやれる世界だ。失敗したらやり直せばいい。その時は失敗した!と思う。でも後で考えたら大したことないことばかり。だから毎日チャレンジするだけだ。

 

やりたいことはやる。すぐに実行に移す。シンプルでいいじゃないか。やり残してあとになって後悔するよりずっとその方がいい。矢沢永吉さんの言葉は自戒も含めて心に響く。「やりたいことやっちゃう人生」。手帳に書き留めて節目節目で読み返していきたい名言。さあ、今すぐ歩き出そう。

 

50代の経験を対価に変えるセミナー ≫ target=”_blank”

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するために知っておきたい「2種類の人間」

お問い合わせ・ご相談はこちら

アカデミー学長三宅への直通電話

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP