起業成功は継続、秘訣はパートナーをつくること

2017.01.10 (火)

起業が成功するとはどういうことか。それは「継続している」ということ。継続するためには、お金がまわり、モチベーションが維持し、新陳代謝をし、わくわくし続けていることが必要。だから事業がずっと続いているということは何者にも代えがたいことに値する。継続は力なりという。起業してこの言葉の重みを実感している。じゃあ、どうすれば継続していけるのか?今回は継続の事例を紹介したい。

 

起業モヤモヤ相談インターネットラジオを開設してそろそろ1年になる。毎週火曜朝6時から30分間の生放送を欠かすことなくずっと続けてきた。なぜここまで続いているのか?それは聴き手と編集をやってくれているパートナーの存在があるから。パートナーの名前は、はまちゃん。彼なしでは今の成果は得られなかった。もし「今の時代音声発信が重要。じゃあPodcastでラジオをやろう!」程度の気持ちで一人で思いつき始めていたらきっと数ヶ月ももっていなかった。

 

朝5:50になるとはまちゃんからスカイプでコールが入る。「はまちゃんから掛かってくるからPCの前にいないといけない」まずはこんなところから始まる。人には何らかの強制力が大切。一人でやっていたら「昨夜遅かったし、ま、今日くらいいいか・・・」と休んでしまう。人間はラクな方へながされるから一度休むとその後もズルズルいってしまいがちになる。

 

次に第一声。「団長、来週のテーマは何にしますか?」と質問される。これも強制力。自分一人でやっていたら次はこれ、その次はこれと進んでいなかった。毎回このやり方では体系づけられないので、今年からは3ヶ月サイクルでテーマを組み立てることにした。最初からこんな構想でこうでああで・・・なんて組み立ててもなかなかうまくいかない。計画づくりにパワーをかけても意味がない。それよりこうして実践しながら臨機応変にカタチをつくっていくスタイルの方が身になるしたのしいし好きだ。

 

「団長、次はゲスト企画をしましょうよ」「こんなアイディアどうですかね?」はまちゃんとは放送を終えた後いろんな会話を交わす。元々新しいことが好きな性分、そんなキャッチボールをしていると「こうしたいよね」「ああしようか」どんどんわくわくが膨らんでいく。そして新企画をすぐさま実行し移してきた。そのおかげで次のステップが見えてきた。これもパートナーがいないとできなかった重要要素の一つだ。

 

ラジオが始まった最初の頃は何を話そうか・・・と構えていた。台本をつくってああでこうで・・・と考えていた。これを続けてどんな成果につながるんだろう?と思っていたときもあった。でも今は違う。たくさんのアクセスよりもラジオの向こうで熱心に聴いてもらっているたった一人のリスナーを大事にしたい!そう思うようになった。伝えることでその人が少しでも元気になるきっかけを掴めるのならこんなに幸せなことはない。ラジオは僕の生活もっと言えば人生の一部になっている。なので話さないと気持ち悪いし1週間も始まらない。こんなことを話したい、伝えたいという気持ちで毎回わくわくしながらマイクの前に臨んでいる。

 

物事を継続していくにはパートナーの存在が不可欠。人は一人では大したことはできない。継続することで得られる日々と人生の充実感。たくさんを学ばさせてくれるパートナーとラジオ番組に心から感謝している。これからも1年、2年・・・と進化させながら続けていきたいと思う。

 
継続のコツが学べるセミナーはこちらから ≫ target=”_blank”

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 起業成功は継続、秘訣はパートナーをつくること

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP