起業するには家族の理解が必須・・・でも逆の考え方もある

2016.04.30 (土)

起業するには家族の理解が必須です。家庭をもつ男性なら奥さん、女性ならご主人、これから結婚するならパートナーの理解です。「パートナーの説得をどうしたらいいですか?」とよく質問を受けます。「説得してはだめですよ。理解してもらおうとすることです」とアドバイスします。

 

説得は自分目線です。理解は相手目線です。説得でなく理解してもらおうと意識を変えるだけで大きな前進があります。「最大の協力者になってもらおう!」そんな姿勢ですね。

 

ただ、とにかく理解してもらおう、理解してもらおうの一点張りでない視点も持ちたいもの。相手目線で全く新たな視点を考えてみるのもありです。例えば奥さんから見たときで考えてみます。

 

「主人が最近元気がなくなった。会社で行き詰っているみたい。毎日毎日どんどん落ち込んでいくのが目に見えてわかる。何とか元気を取り戻してもらいたい。主人は自分でいろいろアイディアを出していったり、自由を束縛されるのが嫌なタイプ。わくわくしながら自分がやりたいことを見つけてくれたらどんなに良いことだろう。そうなると昔みたいに家族との対話が増えて、みんな笑顔になって、しあわせな家庭に戻るから・・・」

 

僕が独立起業に踏み切ったのは、妻が日に日に元気を失っていく僕の姿を身ていたから。「このままだと死人のようになってしまうんじゃないか?とにかく元気を取り戻してもらいたい」「この人はこれまで会社のことを必死で考えて熱意をもってやってきた。決めたらちゃんとやり切るはず」そう思ってくれたみたいです。「元気だったら何でもできるよね!」今でも忘れない彼女の印象的なひと言です。

 

パートナーがつらそうな毎日を送っているのは見るに堪えないものですね。独立起業するとたしかに収入不安はあります。ローンは返せるの?子供の教育費は?そもそも生活が成り立つの?いろいろあります。でもそのことより、パートナーがいきいき元気でいること。活力をもって毎日を送ってくれること。これがすべて基盤なのではないでしょうか?

 

ただこの話は、常日頃あなたが一生懸命取り組む人であることが相手に伝わっていることが前提です。いつも上司の悪口や会社の文句ばかり言っていて、やる気のない人には奥さんもOKなんて出しません。それは単に現状から逃げているだけ。続くはずがありません。壁にあたったとしても何とかそれを乗り越えていこうという姿勢があることが必須。念のため。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するには家族の理解が必須・・・でも逆の考え方もある

お問い合わせ・ご相談はこちら

アカデミー学長三宅への直通電話

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP