起業は家族に自分の働き方をダイレクトに伝えることができる

2015.06.23 (火)

独立起業して得たことはたくさんあります。
その中でも大きなものは、家族とくに子供たちに自分の働き方を伝えることができたことです。

 

サラリーマン時代は猛烈サラリーマンでした。
全国規模のプロジェクトを任されやりがいに満ちていました。
早朝から出社し、帰宅は深夜。
いつも仕事のことが頭にありました。

 

当時子供たちは小学生と幼稚園。
朝早く家を出て、夜遅くに帰ってくる。
平日は子供たちと顔を合わすことも少ない毎日でした。

 

お父さんって会社に行って何やってんだろう???
あとできくとそんな感じだったみたいです。

 

会社では一生懸命に社命に向かって働いている。
いろいろなストレスも抱えている。
でも家族には何をしているのかわかってもらえない。
サラリーマンってこんな感じですよね?

 

その後、独立起業。
最初のうちは自宅をオフィスにしていました。
リビングにパソコンがあったのでそこで仕事をしていました。
ときにはお客さんとのやりとりもそこでやることがありました。
もちろんヘッドホンをしているので相手の声は聞こえません。
そんな風景を当時中学生の息子は見ていました。
まさにうしろ姿を見ていた感じです。

 

天職塾が少し軌道に乗ってからはヨメさんと娘に受付を頼みました。
手が足らないのが一番の理由でした。
結果として、ヨメさんも娘も僕がどんなことをやっているのか、
どんな人たちと一緒に毎日を送っているのかを知りました。
そのことにどれだけのやりがいを感じているのかを目の当たりにしました。

 

自分がどんな「働き方」をしているのか?
ひいてはどんな「生き方」をしようとしているのか?
人生のうちで仕事が占めるウエイトは大きいです。
働き方そのものが生き方につながると言えます。

 

家族は僕の「働き方」を知っています。
僕の「生き方」を理解してくれています。
そして日々応援してくれています。

 

家族と本当の意味での一体感。
独立起業で得られる大きな収穫のひとつです。

 
ゼロから自分サイズで起業する学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業は家族に自分の働き方をダイレクトに伝えることができる

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP