サラリーマンから独立起業へ向けて目に見える変化からわかること

2017.08.11 (金)

起業の学校をやっているとサラリーマンから起業家になっていく過程を目の当たりにすることができる。いったい何が変わっていくのか?目に見えるものがいくつかある。今回はその変化を共有したい。

 

まず写真に写る表情やリアクションがある。サラリーマンでコミュニティに入った頃はいたって無表情だ。笑顔が全くない。姿勢も堅い。直立不動みたいな感じだ。どんな人であれ不思議と同じような表情になっている。みんな同じで個性がないという感じだ。

 

これが起業準備を始めるにしたがって変わってくる。だんだん自然な笑顔が出てくるようになる。誰かに何か言わわなくてもピースやいいねポーズが出るようになる。その人がもつ本来の表情になっていくというイメージがピッタリくる。

 

次に人前で話す姿が変わってくる。最初の頃は小さな声でボソボソしゃべっている。話す内容が回りくどくて理屈っぽい。焦点が絞れず話が長い。何が言いたいのかわからない。起業準備が始まるといきいき話すようになる。思ったことをそのまま言えるようになる。笑顔が出始める。話し方が上手になるということではない。自然体になっていくという感じだ。

 

年齢が高くなるほどこの傾向は強くなる。サラリーマンとしての立場が常日頃の立ち居振る舞いに出ているのだ。会社で上のポジションになるとどこに行ってもそれが自分だと勘違いしてしまう。会社の外に出たら素の自分でいいはずなのに何かが邪魔をしてしまう。悲しいことだ。

 

人には本来の自分がある。本来の自分を押し殺して毎日生きていっても窮屈なだけだ。行き過ぎると精神的におかしくなる。そもそも自分を失くすことに意味なんて全くない。大切なことはその人らしさをそのまま出すことだ。そのままの姿にこそその人の魅力がある。

 

起業して得られること。それは自由とか時間とか稼ぎとかそんなことだけではない。本来の自分で生きていくことができる。それがどれだけ大切なことか。一度立ち止まって考えてみてほしい。自分らしい人生を台無しにしないように。彼らの写真の変化を追いながらそんなことに気づくことができた。

 

ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫ target=”_blank”

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: サラリーマンから独立起業へ向けて目に見える変化からわかること

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

⇑ PAGE TOP