サラリーマンが起業するなら環境を変えよう

2017.01.11 (水)

サラリーマンから起業へ向けて動くとき何が最初に必要になるのか?起業へ向けての知識をインプットする、ノウハウを学ぶ、ビジネスプランを考える、スキルアップを図る、人脈をつくる・・・これらはすべて二の次。一番は何より自分の周囲の「環境を変える」ことだ。まず起業家としてのものの考え方、行動の仕方、毎日の送り方を身に着けていくこと。これがないと世の中に溢れる情報だけで頭でっかちになってしまうだけで終わる。

 

サラリーマンを長年やっていると自分でも気づかないうちにサラリーマン的思考がしみついてしまっている。サラリーマン的思考とは、前例にとらわれる、自分でなく会社の看板で仕事をする、組織ありきで物事を考える、できない理由を探す、他人に責任を転嫁する・・・といった感じのもの。サラリーマン的思考のままでは起業は絶対にうまくいかない。

 

これに対して起業家的思考つまり起業家マインドが身に着いてくるとどうなるのか?過去のやり方にとらわれない、会社でなく自分自身で仕事をする、組織でなく個人にフォーカスする、どうしたらできるのかを考える、責任はすべて自分にあると思うようになる・・・こんな感じ。まさに思考が逆転するわけだ。

 

サラリーマン的思考を起業家マインドに変えていくのはどうしていけばいいか。本を読んでもセミナーに参加してもその力は養われない。これは誰かに教わってできることではないから。理屈でわかっても何の意味もないから。繰り返し反復しないと実践できないから。起業を志す人、起業家の人と直接交わることで自分の中に入れていくことしか方法はない。これを「環境を変える」と呼ぶ。

 

ちょっと考えてみてほしい。あなたが毎日会っている人はどんな人か?いつも同じ顔ぶれではないか?会社と自宅の行き来をしているだけだと毎日会う人は変わらない。それもサラリーマンばかりのはず。サラリーマンと接していたらサラリーマン的思考のまま。当たり前のことだ。自分から意識的に付き合う人を変えていかないといつまでも同じことの繰り返しになる。

 

「授業の帰りに行き交うサラリーマンはみんな背中を丸めて暗い表情で歩いていた。それに引き換え、さっきまで会場にいた人たちはみんな笑顔でいきいきとした表情をしていた。随分違うものだと感じました・・・」以前、フリーエージェントアカデミーの授業受付をやってくれていたスタッフが教えてくれた感想。この違いが起業へ向けての第一歩。【起業するならまず自分の周りの環境を変えていくこと】。忘れないでほしい。

 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: サラリーマンが起業するなら環境を変えよう

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP