サラリーマンが起業へ向け会社を辞めるタイミングは?

2015.04.14 (火)

「起業へ向け、会社を辞めるにはどんなタイミングがいいんですか?」

気になるところですね。

 

答えは2つです。
一つ目は、自分として期限を決めること。
これがベストです。

期限を決めたらそれまでの会社の過ごし方を変えていきましょう。

 

1年先に会社を辞めると決めて、それまでに会社から吸収できることは
すべて吸収するつもりで臨みます。
自分が独立起業するために役に立たないかと考えはじめると
無駄なものはほとんどなくなっていきます。

例えば、くだらない上司がいたとしたら、
反面教師として何かに活用できないかと考えたり、
ブログネタにならないかと考えてみたり。

資料づくりでもこのノウハウを自分の事業に使うにはアレンジできないかと考えてみたり。

 

会社帰りに飲みに行くときも自分が独立した後も個人として付き合ってくれそうな人と
飲みに行くことを優先します。

会社仲間を自分の人脈にするのは重要なことです。

会社という組織には成り立ちから現在に至るまでに、
いろいろなノウハウや財産が蓄積しています。
これからは自分がゼロからつくっていくことになるわけです。
会社からもらえるものは全部もらって卒業していきましょう。

 

もう一つは、何かの出来事を「きっかけ」にすること。
一番多いのが予期せぬ異動や配置転換。
そのことだけをそのまま受け止めると悔しいし、ネガティブな気持ちになるでしょう。
でも起業準備をしているのならこれぞ後押しだと考えます。
「きっと神様が今はじめなさいと言っているんだ」
「前に進めと風が吹いているんだ」
ポジティブに変換します。
起業準備にはこれで完璧というものはありません。
どこまでいっても不足はあるし不安を消えないもの。
だとすれば、何かのきっかけで踏み出すことが必要です。
そんなきっかけが来たんだと受け止めてみることです。

 

どちらかでないと結局ずるずる会社に居残ることになります。
本当に独立起業したいのなら、第一歩を踏み出してみる。
サラリーマンは会社のための人生。
起業家は自分のための人生。
前を向いて毎日をつくっていきましょう。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: サラリーマンが起業へ向け会社を辞めるタイミングは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP