会社をつくらない起業家

2016.02.19 (金)

起業するには会社をつくらないといけない・・・そう思っている人って多いです。そんなことはありません。会社をつくらなくても起業はできます。会社をつくるとは法人を設立するということです。法人でなくても個人事業主というやり方があります。これは形態上の話です。

 

今日は形態ではなく、「会社をつくらない起業家」の話をします。会社をつくらない起業家とは社員を雇わない起業家という意味です。会社をつくることの中に社員を雇うという要素があります。社員を雇うと身動きがとりづらくなります。だから社員は雇いません。

 

社員を雇うと彼らが仕事ができる環境を用意しないといけません。人数に合わせたオフィスが必要になります。それには高い家賃を払わないといけません。什器も要ります。光熱費も発生します。福利厚生もしなければなりません。社員に仕事をやってもらう代わりに、社員の面倒をみないといけなくなるということです。

 

何より社員がいると自分がやりたいことが即決できなくなります。自分としてこれがやりたい!と思っても社内調整とか下手したら根回しみたいなものまで出てきて無駄な労力が掛かります。本来やりたいことへ注ぐべきパワーが周辺のものに分散してしまうこと自体ナンセンスです。いわゆるマネジメントといわれる種類のものですね。

 

長年大きな組織の中でサラリーマンをやってきました。「お客さまにとっては今はこれがベスト。すぐにやるべき」「前例はないけど今進めるべき」そんな仕事がたくさんありました。でもそのたびに、やれ根回しだ稟議だとくだらないことに振り回されました。結果物事は動きませんでした。そんなことを繰り返しているうちに時代のながれに置いていかれます。そのたびに悔しい思いをしたことを思い出します。

 

起業家は自分がやりたいと思ったことを自分が思った通りにすぐに実現できるのが醍醐味です。それがしたくて起業します。でも会社をつくってしまうとそれができなくなります。自分ですべてを決めるビジネスをやろうとしたのにふたをあけたらできなくなっていた・・・そんな本末転倒状態にもなります。

 

だから僕はフリーエージェントを志向します。フリーエージェントは一人です。自分だけで自立しています。社員といったしがらみもないのでいつも即断即決です。でも一人でできることには限界があります。例えば大きな会社の案件をとっていくときは仲間とチームをつくります。相手にとって価値が提供できればいいんです。別に一つの会社である必要はありません。案件ごとのプロジェクトチームを編成すればいいんです。お互いがフィフティで役割と利益分担し合うチームです。

 

会社をつくって起業したいのか、会社をつくらない起業家になりたいのか?それはあなたの価値観です。これからの時代、会社をつくらない起業家が増えていくと世の中はもっと元気になると思います。シンプルにわくわくたのしく仕事ができます。「自由で」「自分らしく」「責任をもって」「自分サイズのしあわせをつくる」フリーエージェントという働き方をもっともっと拡げていきたいです。

 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 会社をつくらない起業家

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP