起業するなら会社を大きくしないこと

2016.12.31 (土)

これからの時代の起業は自分サイズがベストです。自分サイズとは「身の丈に合った」サイズという意味です。会社をつくって成長させて規模を大きくするのだけが起業と思っていたらそれは間違いです。こんな人生を歩んでいきたいが先にあって、その手段として起業があります。固定概念に引っ張られないことが大切です。

 

起業と言えばベンチャー。ベンチャーと言えば出資者を募って会社の規模を大きくすること。そして将来上場までもっていく・・・こんなイメージをもっているかもしれません。もちろんそういう起業のスタイルもあります。ここでは起業することで何を得たいのか?という視点で考えてみます。あなたが何に価値観をもって生きていきたいのかということです。

 

会社の規模を大きくすると従業員を雇わなくてはいけなくなります。従業員を雇うと彼らの給料を払わないといけなくなります。給料は毎月の固定費です。加えてそれなりの大きさ、それなりの場所に事務所が必要になります。場所とスペースを加味するとそれなりの家賃が掛かります。これも固定費です。什器や消耗品、光熱費なども発生します。これまた固定費です。こんなふうに固定費を稼ぐために働くという構図になっていきます。ちなみに固定収入をつくることは並大抵のことではありません。

 

人が増えると決めごとに時間が掛かるようになります。「これで行こうと思う」と言ったとします。「でもそれではこんな問題が発生するのでは・・・」「こんなことも考えないといけないのでは・・・」と周囲から調整やリスク回避の話が出ます。調整なんてしていたらやりたいことはどんどん先送りになっていきます。「これってサラリーマン時代と同じかも??」そんな疑問が湧いてきたりします。

 

さらに人間関係の問題が浮上します。いわゆるマネジメントといった類のものです。人の問題は重要です。中途半端な関わり方では済みません。気がつくと「自分はいったい何のために起業したんだろう?」そんなふうになってしまうときが来ます。

 

起業したら身の丈サイズ、一人で自由にやっていくのが一番です。家族と自分がちゃんと食べていけ、少しだけ余裕が出るだけの稼ぎをつくる。事務所なんて要らないし、従業員も雇わない。必要最低限のものだけにする。自分がやりたい!と思ったら即行動する。身軽にフットワーク良く動く。決めるのは自分、責任をとるのも自分。一人で手に負えなさそう案件が来たら、仲間とチームをつくってプロジェクトで仕事をする。それがフリーエージェントスタイルです。

 

「家族と自分が健康で笑いながらたのしく生活していけること」これが得たいゴール。そんな価値観をもつのなら自分サイズのフリーエージェント起業をおすすめします。スモール&シンプルイズベスト。自分サイズのしあわせをつかむこと、それが一番大切なことだから。

 

身の丈自分サイズ起業入門セミナーはこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するなら会社を大きくしないこと

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP