創業の実態調査の裏側に見えるもの

2015.04.08 (水)

行政機関から創業の実態に関する調査というものが定期的に送られてきます。

独立起業、創業した人が起業前後にどんな課題をもっているかを知り、
行政へのニーズを把握する目的で実施しているようです。

設問をみると本当の起業の実態が読み取れるものがあります。
今日は起業準備についてピックアップしてみますね。

 

独立起業の動機についての設問はこんな感じです。

・自分の技術やアイディアを事業化したかった
・趣味や特技を生かしたかった
・空いた時間を生かしたかった
・収入を増やしたかった

もし、これらの動機だけなら不十分です。
ビジネスにアイディアは必要です。
でもアイディアや技術だけでうまくいくほど甘いものではありません。

稼ぎももちろん大切です。
今より収入が増えることが目標の中にあるのはいいこと。
でもお金のためだけの起業はうまくいきません。

 

・定年後も働きたかった
・育児や介護と両立したかった
・自分の裁量で仕事をしたかった
・社会に貢献したかった

独立起業は一時の思いだけではうまくいきません。
いかに継続してやっていけるかです。
その意味ではこれらの動機に加え、
今後自分の人生をどうしていきたいかを考えるというものが不可欠です。

 

事業を選択した理由についての設問にはこんなものがあります。

・アイディアがあったから
・確実な需要が見込まれたから
・事業のパートナーがいたから
これらも同じです。
確実な需要なんてわかりません。
なぜなら商品は売ってみないとどうなるかわからないから。
事業パートナーがいてもやるのは自分自身です。
要は自分の足で立とうという気持ちが必須です。
独立起業は他力本願ではきびしい世界です。

 

こうした設問の裏側に独立起業がうまくいかない実態があると感じます。

あなたは自分で人生にどんな舵取りがしたいですか?
自分の人生をコントロールするために起業という手段がある。
この立ち位置をぶらさないようにしてください。

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 創業の実態調査の裏側に見えるもの

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP