起業するための実績のつくり方

2016.03.23 (水)

「起業したら実績がないと信用してもらえない。実績と言ってもこれまで何もないし、人に自慢できるようなこともしてきていない。どうしたらいいの?」起業して自分のプロフィールをつくったりするとき、実績をどう書いたらいいか困るところですね。

 

どうしたらいいか?つくり方があるんですね。「営業成績全国No1」「○○賞受賞」などよく書かれているのを見かけますよね?一見輝かしく見えます。でも実際は、ある瞬間だけ1位を取ったとか、提出さえすればもらえる賞だったりします。範囲を限定すれば1位と言えるようなものってつくれたりします。嘘はだめですが、表現方法を変えられるということです。

 

今会社にいるうちに、そんなふうにつくれるものがないかを考えてみてください。自分一人でやろうとしたら大変ですが、会社には環境があります。「これって実績づくりになるかも?」そんなふうに思える案件があったら積極的にトライしてみてください。

 

仕事がつまらない、自分の思い通りにならないと思っていたら、そのままです。でも自分の起業のために会社をどう活用してやろうかと考えると発想は逆転します。増して会社卒業の期限を決めたらさらに効果は大です。「あと何ヶ月しかない。それまでにできるだけ会社のリソースを活用してやろう!」そう思うと無駄な日なんてなくなっちゃいますよね。

 

実績の話に戻ります。実績というと成功した話ばかりに目が行きがちです。実はその逆が大事です。そう「失敗」です。お客さまから見て輝かしい成功実績ばかりある人はとっつきが悪いものです。「この人に話して自分のようなだめ人間のことをわかってもらえるのだろうか?」そんなふうに感じさせてしまいます。

 

「こんな成績も残したけど、実はそれまでにこんな失敗をたくさんしてきた。そのつど落ち込んで自己否定していた。そんな中でもがきながら今に至っている・・・」こんなアップダウンに人は心を動かします。

 

上司に怒られたら今の気持ちをメモしておいてください。こんな底辺みたいなところから成功していきました・・・そんなストーリーを書く材料になります。失敗こそあなたのオリジナルをつくる実績。試してみてください。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業するための実績のつくり方

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP