起業準備中に覚えておきたい第二弾「やってはいけない」自己PR

2016.04.29 (金)

前回に引き続き「やってはいけない」シリーズの第二弾です。たまたまそんな事例が続いたので共有しますね。異業種交流会などの場では「自己PR」がつきものです。自分が何者でどんなことができてどんな人の役に立つかを端的にまとめて伝えることです。その会でも同様の場面がありました。

 

発表者が順番にまわってきます。最初に1分間で自己PRをします。その後、同じテーブルに座る人たちが発表者に対し紹介できそうな人を伝えたり、発表者のビジネスについての質問をします。

 

Bさんの番が来ました。Bさんは1分の自己PRタイムを少し超えて自分の説明をしました。この時点はちょっと時間にルーズな人かな?と思った程度でした。ここからが問題の場面です。

 

Bさんに周囲の人が質問を始めました。するとその一つひとつに対して自分のビジネスのアピールをするわするわ・・・一人に対するコメントはせいぜい長くて30秒程度が限度です。Bさんは下手したら一人あたり3分以上話しています。

 

進行役が途中で切ればいいのにそれもありません。「おいおい、ちょっと待てよ・・・」そんな感じです。途中から内容なんて耳に入らなくなりました。Bさんはそのことに全く気づいていない様子。僕の番が来ました。「ひと言申し上げていいですか?時間は平等なのでよくお考えください!」たまらず言いました。場は静まりました。流してもよかったのですが納得がいきませんでした。

 

起業家にとって時間はとても大切なものです。一日24時間、限られた時間をどう使おうか日々考えています。大げさに言うとこの場に投資しているんですね。みんなお金と時間を掛けてその場に集まっています。お金と時間は平等です。このことがわからないような人はビジネスなんてできません。

 

「タイムイズマネー」。人のふり見て我がふり直せ。時間に対する意識の高さは重要です。今回の教訓を自分にも生かしていきたいと思います。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業準備中に覚えておきたい第二弾「やってはいけない」自己PR

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP