起業の学校は起業できるではなく、自分で創り出すを導き出す

2017.07.30 (日)

自分サイズ起業をカタチにして起業離陸へ万全の状態をつくるハイブリッドキャリアスクールプログラム。「このプログラムを受ければ起業できると思っていた。でも実際はそうではなかった」スクール修了生の多くが口にする言葉だ。ある意味思惑外れになるかもしれない。でもそれには大きな理由がある。

 

スクールで実際に課題に取り組んでもらうとさまざまな壁に当たる。「いったい自分はどうしたらいいの?」「答えを教えてほしい」行き詰ってそんな感じになる場合もある。これまで向き合ってきた多くの事例や経験則を生かせすことで、こうすればそこそこ上手くいくというモデルはレクチャーできる。こうやってつくちゃえばいいはいくらでも言える。

 

でも敢えてそれはやらない。なぜなら他人に言われてつくったものなんて何の意味もないからだ。他人からもらったものは最初は良くても途中で必ずおかしくなる。自ら考え尽くしたものでないかぎり人は本気になれないからだ。本気にならない限り成功はない。自分が考え尽くせることにこそ価値がある。

 

ハイブリッドキャリアスクールには二つのテーマがある。一つ目は「自分で考える力」「自らの未来を切り拓く力」を導き出すことだ。二つ目はビジネスをつくるためのノウハウや型を習得しマスターしてもらうことだ。この二つがあれば起業は成就する。逆に言うとどちらかが欠けたら起業は上手くいかない。

 

ビジネスをつくるノウハウや型とは、ビジネスの価値の考え方、理想のお客さま像のつくり方、独自性をつくるセルフリサーチの仕方、商品サービスのつくり方、購入心理の組み立て方、収支計画の立て方、ビジネスモデルをチェックする方法といったものだ。

 

商品サービスは実際に起業すると当初考えていたものとは変わってくる。それはお客さまに接してみて初めてわかることがたくさんあるからだ。商品はお客さまの求めるものに合わせて焼き直していく必要がある。そんなときこの型があれば即座に変化に対応ができる。スクール期間中はこの技術を身に着けてもらう目的で何度も課題をやり直すトレーニングを行っている。

 

「これだ!これこそ自分の進む道なんだ!」ある瞬間腑に落ちるもの。自分の内側から湧き出して行動を突き動かすもの。それがない限り起業は継続しない。「起業したい」ではなく「自分の人生をこうしたい」が先にあるべきもの。自分が未来こんな道をつくっていきたい。そのための手段は起業ということになる。この順番を間違わないでほしい。

 

身の丈自分サイズ起業入門セミナーはこちらから ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業の学校は起業できるではなく、自分で創り出すを導き出す

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP