事業成功は「一心で」がキーワード

2016.01.01 (金)

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

たまたま年末の特番で事業が今伸びている会社の特集をやっていました。「毎日変わる、新しくなる」を方針にお客さまに最高の鮮度を届けることにこだわったスーパー「エブリィ」。「チャレンジすることに意義がある風土」のもと、日本中で埋もれた名品を集める「久世福商店」。徳島でおばあちゃんが作りつづけて消えかかったお茶に想いを寄せ、「故郷の味こそ宝なり」を形にする「阿波番茶」。

 

エブリイは、地元の農家さん、漁師さんのもとに出向き、自らの目と舌で確かめたものをできるだけ新鮮な状態で届けることを実践しています。

 

久世福商店は、日本全国のうまいものセレクトショップ。こだわりの作り手を訪ね歩き、他にない逸品を見つけること、お客さま、仕入れ先、世の中の三方よし商売をしています。

 

「日本の辺境に位置しながら、自然を愛する 誇り高い生産者との出会いによって誕生しました。 単に商品の魅力だけでなく、生産者の人柄にまで 惚れ込んだ逸品はプロ仕様でありながら お求め易いパッケージに仕上げています。 生産者と語り合うことで思いもよらない商品が出来上がりました・・・」ホームページにはこんな言葉が書いてあります。

 

阿波番茶は、地元で自分が子供の頃から大好きだったお茶が高齢化で廃れていくのがもったいないの気持ちで立ち上げた仕事。自ら名人おばあちゃんの伝統的製法を一生懸命学ぶ姿が心に響きました。

 

いずれもなるほど~とうなるような内容でした。現場に入り込んで現場の人と直接会話しながら仕事をつくる姿に共感です。こんな会社があるんだあ~と感動しました。

 

登場した人が共通して口にしていたのが、○○に「一心」になってやっています!という言葉。事業は小手先じゃない、一生懸命やり切ること。そんな気持ちにさせられました。この気持ち一心でやっています!そう言い切れるような仕事をしていきたいです。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 事業成功は「一心で」がキーワード

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP