起業ネタであれもやりたい、これもやりたいというときは「なぜその仕事?」

2015.12.05 (土)

起業ネタを考えるとき、いろいろと好奇心が出て、あれもやりたい、これもやりたいと散らかってしまうときにどうしたらいいか?起業相談で結構多い質問のひとつです。どうしたらいいか?

 

「なぜその仕事がしたいのですか?」

 

この質問に対する答えづくりをすることです。「こんなことがやりたいと思う」と第三者に話します。その人の「なぜその仕事がしたいのですか?」と質問してもらいます。そのとき明確にブレることなく相手に答えが言えたらOKです。うっとつまってしまったらそれは単なる思いつきです。

 

「こんなアイディアがあるけどどう思う?」「ここに市場がありそうなのでやってみたい」こういうケースはほとんどこの答えにつまるものです。ビジネスの自分軸が決まっていないものは継続しません。ビジネスは継続してこそ成功です。

 

天職塾独立起業メンバーの「0歳ママにずっと寄り添うコーチ」森洋子さんがいます。彼女はメディア紹介記事の中でこう話しています。

 

—————-
私は妊娠しているときは、実は幸せな妊婦ではありませんでした。子どもは大好きだけど、自分の妊娠が受け入れられずに、ズーッとぶうぶう言ってました。厳しい母に育てられ、母と娘の葛藤に若い頃から長年苦しんでいた事が大きく関係しています。私が変わったら、なんと母との関係も変わりました。

 

ママが幸せだったら、大抵の事はなんでも解決しますよ!子どもはそんなママを見て育てば、どんな子も、必ず素晴らしい子に育ちます。なんとオマケですが、ママが変わればパパも変わります。これは我が家でも他のお客様でも実証済みなので保証します。
—————-

 

これが「なぜその仕事がしたいのですか?」の答えです。森さんには母と娘との関係への想いが原点にあるからビジネスにブレがありません。

 

あなたも自分の人生を振り返り、ビジネスの自分軸を立ててみてください。この情熱があるから仕事本来のたのしさが生まれてきます。

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業ネタであれもやりたい、これもやりたいというときは「なぜその仕事?」

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP