今の仕事で独立したい・・・ほんとにそれでいいの?

2016.10.04 (火)

「今の会社ではワンマンなトップに嫌気がさしている。自分は実質会社を動かしていると思う。だから今の仕事で独立してやっていきたい」「自分についてくれているお客さまがいるので、そこで最初は食べていけると思うから」たまにこんな起業相談があります。この話を聴くたびに本当にそれでいいの?と問いかけてしまいます。

 

まず「自分についてくれているお客さま」というところ。そもそもそのお客さまって誰のお客さまなんでしょう?会社のお客さまということです。もちろん自分のことを評価してくれているのは事実です。でも一方で会社という看板があってついてくれているということを冷静にとらえないといけません。

 

それにも増して、会社のお客さまで食べていこうということは、今の会社のお客さまを自分が奪っていくことと同じです。そんなことを経営者が許してくれるのでしょうか?普通に考えたらとんでもない話です。「自分がイチから開拓して自分が築き上げたお客さま」という自負はよくわかります。でもこの気持ちが強い人ほど冷静に物事を見れていない傾向があります。

 

もう一つ。「自分が会社を動かしている」と思っているのはある意味錯覚です。会社という器があるからこそできていることです。自分で動かすということはお金のやりくりを含めてすべてという意味です。社員という立場では会社のお金のことまでは本気で考えるまでには至っていません。「いや自分は収支まで見ながらやっている」と思うかもしれません。でも所詮、自分の会社ではありません。それでは真に本気とは言えません。

 

そして独立と起業の違いを知ってほしいこと。こんな経緯で本当に心からたのしいと思える仕事になるのか否か。これまで経験したきたこと、自信をもっていることは大切です。でもそれをずっと継続してやり続けることができますか?他人がつくったものの延長線上でワクワクできますか? 僕ならそれはできません。単なる独立だけではずっとやり続ける仕事はできません。

 

もし今こんな境遇にいるとしたら、一度これから自分はどうなりたいのかの未来をしっかり考えてみてください。未来から逆算するとどういうやり方がいいのかを見つめ直してみてください。それなしで安易にスタートするのは絶対避けることをおすすめします。

 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 今の仕事で独立したい・・・ほんとにそれでいいの?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP