ホリエモンに学ぶフリーエージェントの神髄

2015.04.21 (火)

 

ネット上で話題になっている堀江貴文さんの近畿大学のスピーチ。
卒業生へ向けてのスピーチです。
でも起業家にとっても大切なメッセージが込められています。
その部分を一部引用させていただきます。

 

———————————————
これまで生まれてから20何年間か、レールの敷かれた上をただ走ってきた人生をここで終えることになります。これからは、レールがあるようでレールのない世界に皆さん突入していくことになると思います。
これまでは、卒業したあと就職活動とかまぁたぶんしたんでしょうけど、同じ会社でずーっと勤め上げて定年退職して、その間に家族を持って家を建ててみたいな、いわゆる普通の生活というのをこのあと皆さんは送っていくことになったのかもしれませんが、そんな未来は、おそらくみなさんのうちの本当にごく一部の人しかそういった未来を歩まない、いや、歩めないと思います。

 

(中略)
自分で出来るだけ多くの情報に接することがまず大事です。そのためのツールは揃っている。別に先生に教わらなくても、自分で、たとえばスマートフォンのニュースアプリを使って情報に接することも出来るし、ソーシャルネットワークを使って、世界中の、自分が「面白いな」「この人の話聞いてみたいな」っていう人たちの情報にすぐに辿りつくことができます。簡単です。まず、自分で情報をーー世界中の素晴らしい頭のいい人たち、先を行ってる人たちの情報をーー、触れることができるので、まず、そのことを頭の中に入れておいてください。

 

そして、それだけじゃダメです。これからは、そうやって仕入れた情報を、自分の頭で考えて、そして自分で発信して、頭の中を整理して自分で考える癖をつけていかなければいけないです。それはどうやってやるのか?簡単です。インターネットでブログやら、ソーシャルネットワークやら、そこで毎日発信し続ければいい。非常に簡単なことです。それをできれば毎日やってほしい。そうすることによって、世界中の様々な情報を自分で頭の中に入れて考えて自分なりの判断ができるようになると思います。

 

なんでそんなことをしなきゃいけないのか。これからは、権威が当たり前じゃなくて、もうアテにならない時代になってくると想います。いままでは、ほんとレールの上を走って、そして権威がいうこと、たとえばマスメディアがいうこと、あるいは大きな会社に入って上司がいうこと、それに従っていればよかったかもしれないです。

 

(中略)
これからグローバル化で競争激化して、そして、未来には僕は楽しいことしかないと思います。それは、どうやったら楽しくできるか。それは今を一生懸命生きることです。
なぜ私が、いろんなことにチャレンジをして、そして、いろんな失敗をしながらそしてたくさんの人に裏切られながらもこうやって楽しく生きられてるかっていうのは今を生きてるからです。今を集中して生きているからです。
——————————

 

これからの時代にはレールはない。
レールは自分で敷いていくもの。
そのために個人として情報発信していく。
今まではマスメディアや権威がないと具体化はしなかった。
でもこれから一個人が情報発信することで未来が拓ける。

 

5年後どうなる、老後がどうなる、将来どうなるから不安ではなく、
今を一生懸命生きること。

 

大きな共感をしました。
この働き方、生き方こそフリーエージェントの神髄です。
あなたもフリーエージェントの仲間入りをしませんか!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ホリエモンに学ぶフリーエージェントの神髄

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP