起業する本当の人脈「信頼関係」の具体例

2016.11.26 (土)

起業家にとっての本当の人脈って何でしょうか?それはお互いに信頼できる関係であることを言います。本当の信頼関係ってどういうものなのか?漠然としていて具体例がないとわかりませんよね。先日とあるプロジェクトの撮影があり、カメラマンと動画制作のメンバーに仕事を手伝ってもらいました。その時起こったエピソードです。

 

ひと通り打合せが終わったところでブレイクしていました。すると別の部屋から二人の雑談の声が聞こえます。戻ってきたので「何話してたの?」と訊いてみました。すると「今度一緒にビジネスやることになりましたよ。何だか面白そうなんで(笑)」とのこと。「えっ?そうなの?随分話が早いよねー」僕はきょとんとしてしまいました。

 

この話のバックグラウンドに重要なことが隠されています。まず「何だか面白そうなんで」というところ。まず難しく考えないこと。そのことをやるかやらないかのものさしは、面白いかたのしいかに置くこと。できるできないはやってみた後に考えればいい。これが起業家の仕事の仕方。判断のものさしと迅速さに注目してください。

 

もう一つ重要な点。それはお互いの後ろにながれる信頼関係です。二人はメンバーとして数年来の付き合いです。今でこそビジネスをやっていますが起業前から苦楽を共にしてきた仲間です。最近はいつも顔を合わせているというわけではありません。常日頃フェイスブックでお互いの近況を知り合っています。特に意識してということではありません。仲間なので何となく気になっているという感覚です。

 

ひと口に信頼関係ができていると言いますが、本当の信頼関係はそんなに簡単にできるものではありません。何度も接点をもってお互いのことを深く知り合いことで生まれてくるものです。二人の間には既に信頼関係があります。だからその場ですぐに「やってみようよ!」という話になるわけです。そうじゃなければこんなに容易く物事が決まるはずがありません。

 

お互いの人となりとやっていることを知り合い本当の信頼関係をつくる。あとはその仕事がたのしいか否かでやるやらないを判断する。これこそフリーエージェントのライフスタイルそのものです。こんな関係はサラリーマンでいるうちから培っていかないとつくれません。あなたも始めてみてくださいね。

 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業する本当の人脈「信頼関係」の具体例

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP