サラリーマンのうちにホームページを育てる理由

2015.02.05 (木)

天職塾では、サラリーマンのうちにホームページを育てることをすすめています。

起業離陸までに一人でも多くの見込み客を集めてほしいから。
起業離陸した後に集客できる基盤をつくっておいてほしいから。

これが理由です。

 

起業前に見込み客を集めておくことは、
起業をスムーズに軌道に乗せるための最大のテーマです。

 

ここでホームページを「育てる」の意味を説明します。
ホームページは開設すればいいというものではありません。
ホームページは有益な情報を適切な頻度で大量に更新していかないと
検索エンジンに認知されません。
逆に言うと、有益なコンテンツをたくさん仕込めば仕込むほど
どんどん検索されるようになります。

 

「正しい手順」で毎日の専門家コラムを書き続けていくこと。
思いつきや一過性ではできません。
コツコツと書き溜めていきます。
これが「育てる」ということです。

 

とても地道な作業です。
懲りずに毎日の継続が必要です。
なので、そうそうできる人はいません。
できる人が少ないということは、
あなたにそれができたら他者から一歩抜きん出るということです。
だからこそやってほしいと思います。

 

ビジネスは困り事、悩み事を解決して対価を得ます。
お客さんは何かに困ったらまず検索します。
そのとき、あなたのホームページがその人の画面に出るか出ないか。
ここがすべての分かれ目です。

 

独立起業後はリアルで大量に動くことになります。
ネットは直接的な手ごたえがないのでリアルに走ってしまいます。
そうするとなかなかネットでの情報発信が手薄になっていきます。
でもそれではだめです。
リアル活動をしながらネットでも常に情報発信がされていることが必要です。

 

サラリーマンで起業準備をしているうちに毎日のコラムが書ける習慣をつけてしまうことです。
サラリーマンのうちはすぐに売上がなくても困りません。
だからホームページに集中できます。
コラム更新を続けていると、起業後も日課で書けるようになります。
リアル営業は水物ですが、ネット集客は一度出来上がると不動のものになります。

 

サラリーマンのうちにホームページを育てること。
とてもとても大切なことなのですが、
即効性がないのでサラリーマンのうちにはなかなか理解ができないのも事実。

でもまちがいなく必要なことです。
これは僕の失敗談や今の事業基盤をつくってきた経験から言い切れます。

 

サラリーマンのうちにホームページを育てよう!
声を大にして言います。
そのことがあなたの起業後の苦労を半減させることにつながります。

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: サラリーマンのうちにホームページを育てる理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP