起業にどうしても必要なお金と形を整えるお金

2016.04.07 (木)

起業にはお金がかかるというイメージがありますね。あなたはどんなものにお金がかかると思っていますか?会社をつくること、事務所をもつこと、スタッフを雇うこと、お店をもつこと、商品をつくること・・・こんな感じではないですか?

 

起業セミナーや起業塾のようなところへ行くと、どうやって事業資金を集めたらいいのかとか、法人設立はどうやってやればいいのかなどが最初にテーマとしてできてきたりします。そのせいかこんな種類に頭が行きがちです。

 

実際はどうなんでしょう?独立起業するからといって必ずしも法人をつくる必要はありません。会社をつくらないと仕事がとれない・・・一見イメージがあるかもしれません。全くそんなことはなしです。あなたが商品サービスを買うとき、相手が株式会社か否かなんて関係ありませんよね?それよりも今自分が抱えている問題を解決してくれるか否かが判断基準になるはずです。法人をつくると設立費用に加え、資本金、毎年の税金、顧問税理士の費用などたくさんのお金が発生します。起業スタート時にそれに見合った恩恵があるというとかなり???です。

 

事務所も最初は不要です。自分からお客さまのところへ出張っていけば済みます。お客さまの状況もリアルで把握できて一石二鳥です。打ち合わせやちょっとした商談ならカフェでできます。レンタルスペースなど便利なサービスもあります。

 

スタッフなんてもっての他です。人を雇うとどれだけの固定費が掛かるのか少し考えればすぐにわかります。最初にうちは自分一人で全部やっちゃいます。すべてを経験していると、いざ人を雇おうというときにどの仕事を任せればいいかイメージが湧くので後々役立ちます。

 

じゃあ起業に必要なお金って何なんでしょう?どうしても必要なお金とは生活費です。起業しても毎日の生活はそのまま継続します。そのお金が立ち行かなくなったらすべて終わりです。まずは今、生活費でいくら掛かっているのかちゃんとつかんでみてください。税金や健康保険、年金といった給与天引きになっているものを忘れないくださいね。これが結構な金額になります。

 

無収入になっても何ヶ月かは生活できるお金のストックが必要です。これがどうしても起業するときどうしても必要なお金です。形を整えるお金は独立起業してからでも十分間に合います。この2つを混同しないようにしてください。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業にどうしても必要なお金と形を整えるお金

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP