起業に必要な知識はどうやって得るの?

2016.01.19 (火)

「起業に必要なものって何ですか?」「起業には知識が要ると思いますが、どうやって身につけたらいいですか?」「税金のことを勉強しないとだめですよね?」「経営を学びたいのですが、MBAとか取った方がいいですか?」セミナーや個別相談で必ず出る質問です。答えはNOです。

 

起業して必要な知識は、実際にお客さまと対面して初めてわかるものです。「こんな知識を得ないと・・・」と考えたものは、稼ぎを得るためにはほぼ役に立ちません。学べば学ぶほど頭でっかちになるだけです。頭でっかちになると行動するスピードが遅くなります。いわゆる評論家です。このループに入らないようにしましょう。

 

今でこそこう言い切っていますが、僕も起業前は同じようなことを考えていました。最後の会社で創業社長に仕事を干され、毎日会社に行くのがイヤでイヤでたまらなかった頃。「資格のひとつでも持ってないと起業なんてできない」そう思って行政書士の通信講座を受けました。結果は不合格。結構自分としては一生懸命やったんですけどね。資格には縁がありません(笑)

 

そしてもう一つ。人の相談を受ける仕事をしようかなあ・・・何となくと思っていたのでNLPの講座に通いました。「肩書きを持っていないと信用が得られない」そんな思いからでした。たしか総額40万円くらいだったかな?学びとしては有意義でしたが、これで稼ぎになったことは一つもありません。

 

「資格のひとつでも持ってないと起業はできない」「肩書きを持っていないと信用が得られない」サラリーマン時代はついついこんな思考パターンになりがちです。でもこれって間違いです。

 

その後、独立してわかったこと。たとえ行政書士の資格を持っているからといって、それでご飯は食べることはできない。異業種交流会に行くと、立派な資格を持っているけど食べられていない人たちがウジャウジャしています。みんな資格があれば食べていける・・・サラリーマン時代にそう思っていたのでしょう。

 

心理学の資格もしかり。大枚をはたいて講座に通いました。心理学の基本は学びました。講座では受講生同士で練習をします。これでわかった気になります。でも実際にお客さまと対面すうrのとは訳が違います。生身の人間の悩みに向き合うことは、上っ面な技術だけではできないことを痛感しました。

 

ちょっとだけ裏側の話をします。認定資格講座を提供している会社や団体は、資格がないとご飯が食べていけないと思っている人たちをターゲットにビジネスをつくっているんですね。このビジネスのうまみは提供される側ではなく提供する側にあります。こんな視点でビジネスを見る癖もつけていけたらベストです。

 

起業していくためには知識が必要・・・頭でっかちにならないでください。必要な知識は経験から身につけていきます。そして事業が少し軌道に乗ってきたら、はじめてその時新しい知識を学びに行く、こんな心構えで臨んでください。

 

わくわく自分サイズ起業入門セミナーはこちらから ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業に必要な知識はどうやって得るの?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP