起業に必要な「人をつなげる力」の意味

2016.07.22 (金)

起業したらお客さまを集めないといけません。至上命題です。お客さまを集めるには大きく2つの方法があります。一つはリアルつまり直接人と会って集めていく方法。もう一つがインターネットを使って集めていく方法です。リアルとネット両輪でやっていくことが必要です。

 

リアル活動ではどんな感じになるのでしょうか?例えばビジネスとしてあなたが誰かと会話している場面を想像してみてください。あなたは自分がどんな人のどんな困り事の役に立てるかを相手に話しています。そして「どなたかあてはまりそうな人がいたら紹介してください」と伝えます。

 

そこで相手は「わかりました。じゃあ気にしておきますね」と答えます。この後、その人と会うことがなかったらほとんどそのまま何も起こらず終わります。でももし「もう少し詳しくお仕事の内容を聴かせていただけますか?」と言って少し突っ込んで聴かれたとします。そして「そういうことでしたら知り合いにこんな人がいます。よろしければおつなぎしましょうか?」と言ったとします。あなたはどう感じますか?こんなに関心をもってくれて・・・ちょっとうれしくありませんか?

 

この「その場で」誰かをつなげることができるというところがポイントです。そのためには自分の中にいろいろな切り口にあてはまる人のリストをもっている必要があります。ズバリ該当する人でなくてもいいです。その人を経由したら相手のお客さまにつながりそうな人で十分です。

 

いわば「脳内検索」ですね。あなたの脳みそに「こんな人」というキーワードを入れたら、その人にまつわる人が数人出てくるイメージです。そのためには常日頃から自分が知っている人の情報をストックしておかないと成り立ちません。

 

じゃあどうやってストックしていけばいいのでしょう?サラリーマン時代からできる方法があります。会社では与えられた仕事の中でいつも同じ人との関係だけで終わりがちです。ここで発想転換してみます。将来自分が起業したときをイメージします。「この人と関係をつくっておけば何かの役に立つかも」「この人とは個人的に仲良くしておこう」と意識しながら関係づくりをしていきます。今の仕事のジャンルにとらわれることなくです。こうした毎日の積み上げが起業後の財産になっていきます。

 

「困ったときは◯◯さんに訊いてみたら?きっと何かヒントになる人をつなげてくれるよ・・・」こんな存在になることです。そうすると自分の周りに人が集まってくるようになります。頼りにされるようになります。人の役に立てたら巡り巡って自分に戻ってきます。

 

「でもそんな無闇やたらに紹介していいんですか?相手のこともわかってないし、紹介する人のこともよくわかっていない状態で関係がおかしくなったりしませんか?」こんな疑問をもったあなたは素晴らしいです。そうですね、たしかに闇雲な紹介は相手のためになりません。紹介したことでもし変な状況になったら、あなたの責任にもなります。

 

本当の紹介とはお互いをよく知り合うことではじめて成り立ちます。相手のことをしっかり知ること。紹介する人のことも何ができるかどんな人かを知っていること。少し前に名刺交換しただけの人をつなぐようなことはもちろんNGです。

 

ここでいう紹介はもう少し緩やかなものです。紹介する相手には「良かったらおつなぎしましょうか?」というライトな伝え方。紹介する人には「こんな人がいるけど興味ありますか?興味があればおつなぎします(なければはっきり言ってね)」という言い方をします。どうなるかわかりませんけど可能性がありますよ・・・そんなニュアンスです。

 

信頼の上に成り立つ「本当の紹介」と「その場でライトに人をつなぐことができる力」。この両面を持ち合わすことができたらベストです。ビジネスは人対人。質量ともにどれだけの人を知っているかが勝負になります。どこでどんなことが起こるかわかりません。毎日の人とのつながりを大切にしましょう。

 
起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業に必要な「人をつなげる力」の意味

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP