安易な副業・兼業推進では働き方改革は実現できない

2017.12.20 (水)

先日、国が副業・兼業を後押しする一方にある現実についてコラムを書いた。今回はさらに一歩踏み込んでみたい。結論から言おう。副業や兼業を安易に推進しても働き方改革なんてできない。働き方改革の先に本当にありたい姿をきちんと見据えていないのが理由だ。

 

副業・兼業という言葉にどんな実態があるのか?「現在の会社には将来が見えないから何か別に始めたい」「収入にプラスアルファが欲しいから副業をしたい」「副業を始めて収入が本業を超えたら起業したい」副業をしたいという人はこんな話をする。

 

既に副業をやっている人も相談に来る。「今以上に稼ぎを増やしたいけどどうしたらいいか?」「集客する方法を教えてほしい」「会社とは別に不動産投資とアフィリエイトで副業をしている。そこそこの収入になってきている。でも本当に自分がやりたいことが何かわからなくなった」こんな話をする。

 

これが副業という言葉で相談に来る人の実態だ。その根っこにあるものは何か?「今の会社がイヤ」というネガティブなものだ。安易に副業・兼業の後押しをすることは今の会社がイヤなら逃げていいよと言っているようなものだ。

 

こんな風潮が流れたらどうなるか?雇用する会社の目線に立ってみる。会社がイヤならどんどん副業しよう。会社では適当に仕事すればいいから。やる気のない社員が増えていく。国が会社から逃げることを推進したから大変なことになった・・・そんなおかしな方向へ話は進むかもしれない。

 

アカデミーでは副業という言葉は一切使わない。副業という言葉の先に未来を感じないからだ。サイドビジネスという言葉にするとわかりやすい。サイドということはメインがあるということ。ここでいうメインは主たる収入という意味だ。

 

メイン収入、サブ収入という視点で考えるとそこにしか目がいかない。収入を得ることだけが働くことの目的ではない。本来持ちたいのはメインになる働き方だ。ひいては生き方だ。副業は本業があって単に派生した収入上の枝葉でしかない。

 

その人に考えてほしいのはこれからの人生だ。自分の人生をどうしていきたいのか?どうなっていたいのか?それを実現するためにどんな働き方をしたいのか?今の会社に勤めるだけでなく選択肢を増やすとしたら何があるのか?今の会社との関わり方はどうするのか?だ。

 

今の会社で生き生き働くことができる。もし生き生きできないのならその理由は何か?突き詰めてみたい。答えはそこにある。生き生き働けるということは働き甲斐があるということ。働き甲斐とは自己実現につながっているか否かが尺度になる。自分にとっての自己実現とは何かを考えることが大切になる。

 

働き方は生き方につながる。働き方改革の先にあるものはその人のしあわせだ。僕はそう理解している。一人ひとりのしあわせとは何か?しあわせをゴールにする。そのゴールを実現するための働き方にはどんなものがあるのか?原点のところから組み立てていく。今もこれからもそうありたい。

 

ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

モヤモヤを相談する 体験授業に参加する

関連する投稿

現在の記事: 安易な副業・兼業推進では働き方改革は実現できない

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP