起業がうまくいかない人の習慣~先輩の話を聴かない

2016.10.17 (月)

起業がうまくいかない人ってどんな人でしょうか?大きなもの3つを挙げてみますね。「先人の話をちゃんと聴かない」「自己流に走る」「あちこち情報集めばかりする」の3つです。

 

この3つに共通するケースとは例えばこんな感じです。天職塾ではチアワークというグループワークを行っています。3~4人のグループに分かれて前回の会から今回までやってきた活動や課題を共有、相手の起業準備が良くなるよう応援し合うワークです。この場には体験参加の人が交じります。その場では一メンバーとしてワークに加わります。メンバーの課題や悩み事には、相手のことを自分事としてとらえ、思うことを発言していただきます。

 

起業がうまくいかない人がフィードバックする立場になったとき。「もっと事業を細分化してこうしてああした方がいいと思います・・・」話している内容は専門家的な上から目線。自分がまったく経験のない世界でよくこんなことが言えるものです。こういう人に限って「僕からのアドバイスですが◯◯です」といった口調で切り出しています。グループにいるのは起業の先輩です。先輩にアドバイスなんて言葉を使うこと自体、???です。

 

次回へのコミットメントの時間になります。メンバーは等身大のコミットをします。「次回までに市場調査をして事業モデルを完成させます」起業がうまくいかない人はこんなコミットをします。自分がコミットしている内容の大きさを理解していません。ひと言でいうと頭でっかち。知識ばかりため込んで行動が伴わないタイプです。

 

「三宅さんがセミナーで話していることって当たり前のことですよね。今さら聴かなくてもよかった感じです。もっと新しい情報がほしかった」アンケートを見るとほぼこんなコメントを残しています。確かに当たり前のことを話しています。でもそこには背景があります。起業家育成を生業にして7年以上1000人を超える人と接してきた経験から出てきているものです。当たり前のことを愚直にできるか否か、これこそが成功失敗の分岐点です。

 

上記にもしあてはまる点があったら要注意。自由に発言するのはその人の勝手。でも起業に成功したいのなら、素直に謙虚に先人の話を聴き入れること。そしてそのまま行動してみること。ここまでが愚直にできつことが第一歩。自分オリジナルをつくるのはその次の段階です。

 
起業モヤモヤを解決!無料音声ガイドはこちら ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業がうまくいかない人の習慣~先輩の話を聴かない

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP