起業するには日々愚直にコツコツ積み上げる

2016.12.24 (土)

メンバーにOさんという人がいます。Oさんは「あそべる小川の専門家」です。彼は小川が大好きです。昔ながらにあった子供たちと一緒にあそべる小川をたくさんつくっていきたい!純粋な想いでこれまで活動を続けてきました。そんなOさんに先日半年ぶりに会う機会がありました。そこでこんな話を聴かせてくれました。

 
———————————
ちょっとうれしい話があったんですよ。先日埼玉県に入っている会社からあめんぼカメラの撮影依頼をいただきました。突然のことでビックリしました。先方から”おいくらでやっていただけるのでしょうか?”と訊かれました。どう答えればいいかわかりませんでした。しょうがないので”相場で結構です”と言いました。すると”相場より少し安めですがそれでいかがでしょう?”と返事がありました(笑)
———————————-
 

あめんぼカメラとはOさんが独自に開発したツール。小川の上に浮かべてあめんぼ目線で水面と水中を撮影するロボットカメラのことを言います。仲間とのコラボで自作、あちこちの小川で撮影活動を行っています。その独自性が制作会社の目に止まったわけです。⇒あめんぼカメラの実写はこちらから

 

Oさんはまだサラリーマンです。サラリーマンをしながら将来へ向け起業準備をしています。ハイブリッドキャリア状態と呼んでいます。ここまで来るのに足掛け2年。どうやって知ってもらったらいいのか、自分がやりたいことを仕事にするために何から始めたらいいのか、試行錯誤を続けてきました。会社の異動などもあってしっかり時間がとれないときもありました。でもそんな中、フェイスブックとブログの情報発信だけはコツコツ続けてきました。

 

「そんなささいなことに意味があるの?」一見そう見えるかもしれません。おそらくOさん自身もやりながら疑心暗鬼だったのではないかと思います。でもそうではありません。自分の存在を知ってもらえわないと起業は成立しません。今回Oさんがオファーを獲得できたのは、日々コツコツ愚直に情報発信を続けた成果と言えます。

 

”1日で◯百万稼ぐ!””起業してハワイで◯◯◯!”起業の世界ではこんなきらびやかな言葉も飛び交います。僕はそんな世界が嫌いです。何のためのために起業するのかが大事と思っているからです。こんな人生を創っていきたい、そのために起業という手段を使うという順番です。起業はもっと地に足着いたものです。本当のしあわせはたのしく仕事を続けていくことから生まれてきます。これからも地に足着いた自分サイズ起業家、そんなフリーエージェント仲間を増やしていきます。

 
起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するには日々愚直にコツコツ積み上げる

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP